50代女性の薄毛対策!知覚神経を刺激すると発毛する!知覚神経を刺激するってどうすればいい?

50代更年期女性のひとみです。

最近、寒いのにホットフラッシュがちょくちょく起こって、暑いのか寒いのかわからなくなっています。
更年期ってほんと色々と体調の変化が起こって大変ですね。
でも、あと1年で閉経して5年。もう少ししたら楽になるかな?と思っています。

50代女性 薄毛対策 知覚神経刺激 食品

今回は更年期ではなく薄毛のお話です。

私は、朝晩のブラッシングを習慣にする様になって少し髪の毛の状態が良くなってきたように感じています。血流が良い事は髪の毛にとって大切なんだと実感。

特に薄かった前頭部と分け目。カラーリングで頭皮を痛めたせいで細く少なくなっていた髪の毛がヘナカラーに変えてから少しずつですが、太さも元に戻ってきています。

どうしてもアルカリのヘアカラーをするなら、地肌につけないようにしましょう。
健康な髪の毛のためには頭皮を痛めないようにすることが大切です。

薄毛対策として、発毛を促す食品や発毛を促す事などをまとめてみようと思います。

 

薄毛対策!知覚神経を刺激する

薄毛に知覚神経がどう作用する?

知覚神経を刺激するアンチトロンビン

アンチトロンビンとは、血液が固まらないようにするタンパク質。
アンチトロンビンが知覚神経を刺激し、成長因子IGF-1が増えます

毛髪の成長に欠かせない成長因子IGF-1。
成長ホルモンの減少により成長因子IGF-1は老化とともに減少してしまいます。

なんと、成長ホルモンは20代をピークに減少し続けます

成長因子IGF-1を増やすことが、薄毛対策になり、更にはアンチエイジング効果も期待できるとのこと!

これは嬉しいですね。

 

成長因子IGF-1を増やすことはできるのでしょうか?

50代女性 薄毛対策 知覚神経刺激 食品

答えは、できます!

食事や生活習慣で知覚神経が刺激されることがわかっています。

どのような食品を摂れば良いのかというと、一番のオススメはこちら。

  • カプサイシン(辛味成分が知覚神経を刺激する)
  • イソフラボン(知覚神経内のカルシトニン遺伝子関連ペプチドを増やす)

知覚神経を刺激するカプサイシンの働きを助けるイソフラボン。
夫婦のようなこの組み合わせはとても素晴らしいのです。

*イソフラボンの働きで増えたカルトシトニン遺伝子ペプチドは全身の細胞でIGF-1を増やします

キムチと納豆の組み合わせは最強とも言えますね。
この組み合わせはどこかで聞いたことがありませんか?

ダイエットにも良いとされていますよね。

 

そのほかのオススメの食品

50代女性 薄毛対策 知覚神経刺激 食品

  • 唐辛子
  • わさび(日本の本わさびチューブ入りのものは効果なし)
  • 生姜
  • からし
  • にんにく
  • ターメリック
  • コショウ

50代女性 薄毛対策 知覚神経刺激 食品 コーヒー チョコレート

  • コーヒー
  • チョコレート

 

食品以外で知覚神経を刺激するには

  • よく噛んで食べる
  • 入浴
  • 運動

 

髪の毛が生える仕組み

50代女性 薄毛対策 知覚神経刺激 ヘアサイクル

正常な髪の毛の寿命は5〜6年。
1日に0.2㎜〜0.4㎜、1ヶ月で1センチほど伸びます。

*ヘアサイクル(髪の毛が生えて抜け落ちるまで)

・成長期:2〜4年(約90%の髪の毛)
毎日伸び続ける髪の毛

・退行期:2〜3週間(約1%の髪の毛)
成長が止まり抜け落ちる直前の髪の毛

・休止期2〜4ヶ月(約10%の髪の毛)
成長の止まった髪が抜け新しい髪の毛が育ち始める

この正常なサイクルが狂うと抜け毛が増えて薄毛に。
知覚神経を刺激して正常なヘアサイクルにしましょう。

 

知覚神経と薄毛対策まとめ

50代女性 薄毛対策 知覚神経刺激 食品 まとめ

ストレスやダイエットも髪の毛にはよくありません。

ストレスのない人というのはいないと思います。
何かしら悩みはお持ちですよね。
ゆったりとした時間をなるべく作るようにしたいですね。

ダイエットで栄養が不足すると髪の毛まで必要な栄養素が届きません。
バランスのとれた食事は髪の毛はもちろんお肌にも欠かせませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回参考にしたのは、
医学博士:岡嶋研二さんの本。
もっと詳しく知りたいならぜひ読んでみてね。