ヘナカラーで50代女性が髪を染めた感想。ヘナは良く染まる?染まらない?

50代女性 白髪染め ヘナカラー 

50代更年期女性のひとみです。

50代にもなると白髪が気になりますね。

私は、若白髪だったので、20代の後半からポツポツと出始めて、
50代の現在はほとんどが白いと言ってもいいくらいです。

なので、1週間も経つと、分け目に白髪が目立ってくるんですね。
背が低いというのもあって上から見下ろされることも多く、
「いやん、見ないで〜」と言いたくなります。

たまに、50代でも白髪なんてないのよ!って方に出会うのですが、
本当に羨ましい限りです。

私にはヘアカラーは必須なんです。

私は元々肌が弱いので普通のヘアカラーをすると頭が痒くなるので、
今まではカラートリートメントで白髪を隠していました。

なのに、なのに・・・

最近になって、カラートリートメントでも地肌が痒くなるようになってしまいました。

まだまだ、グレイヘアにする勇気はありません。

芸能人でもグレイヘアがとても似合っている方もいらっしゃるし、
グレイヘアにしようという流れもありますね。

最近、グレイヘアにした「近藤サト」さん。
美しいのでグレイヘアも様になっています。

50代でグレイヘアはまだちょっと悲しい気がします。
そんなわけで、私はヘナカラーで染めることにしました。

 

ヘナカラーが髪と地肌に優しいわけ

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ 

ヘナはインドなどで栽培されているハーブの一種です。
ヘナが普通のヘアカラーと違って髪と地肌に優しいのはなぜかというと。

脱色して染毛するわけではなく、
髪のタンパク質に反応して染まるんです。

なるほど。
ということは、髪と地肌を傷めずに染めることができるんですね。

 

更に嬉しいのは、ヘナには活性酸素を除去する働きがあります。

それってどういうこと?

古くなった頭皮を取り除くことができるんです。

なるほど。
ということは、地肌に優しいだけでなく健康になるってことね。

ヘナっていいね。

 

50代の女性がヘナで染めた感想

私の髪は70%ぐらいが白髪です。

今回使用したのは、ナチュラルバランスのラジャスタンヘナ

1度目はダークブラウンとナチュラルブラウンを1対1で混ぜたもので染めました。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

パッチテストもしっかりしましたよ。
痒みも赤みも出ませんでした。

ダークブラウン15g+ナチュラルブラウン15g=30g 使用。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

マヨネーズ状になるまでお湯を加えます。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

根元からしっかりたっぷりと塗り、ラップでキャップします。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

1時間放置してお湯で洗い流しました。

染め上がった髪の毛を見てびっくり!!
緑がかった黒に染まってます。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

染毛前 ↑ 根元が白くなっています。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

染毛後 ↑ 根元までしっかり染まっています。

ヘナの説明書には、ブラウンのお色にはインディゴが混ざっているので、
染めたては白髪が青、緑、紫色に染まる場合がある。と書いてあります。

うん、それなら納得。

1〜2日ほどで徐々に茶色に変わってくるらしい。
不安を抱えながら時間が経つのを待つ。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

2日後。まだ緑っぽいです。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

3日、4日経過すると緑色から茶色っぽくなってきました。

ヘナの色もちはどうか?というと、
カラートリートメントよりも染まりがよく持ちも良いと感じました。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

緑っぽいけれど生え際もしっかり染まりました。

一度染まった髪の毛の退色はあまり感じません。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

1週間ほど経ったら緑色も気にならなくなりました。
髪にもツヤが出ています。

 

10年以上前に染めていたヘナはもっとオレンジ色に染まって、持ちもよくなかったような記憶があるのですが。

最近のヘナはインディゴを混ぜてブラウン色も出せるようになって、
品質もよくなってきたのでしょうね。

今回は、青味が強く出すぎたので、次回は混ぜる色を変えて再度挑戦してみたいと思います。

 

ヘナで染める際に注意すること

ヘナを染めた後はドライヤーの使用は避けたほうが良いと書いてある。

なぜだろう?と思ったので調べたところ、
ドライヤーで乾かすとせっかく染めた色が薄くなるようです。

寒い時期は部屋を温めて置かないと風邪引きそうです。

ヘナは染まりも良く、持ちも良い。

ただ、草の匂いが多少気になりますが、慣れてくると大丈夫かな?

 

今回私が使ったのはナチュラルバランスのヘナ

悩み多き50代女性におすすめの髪型は?薄毛・白髪をカバーするヘアスタイル。

50代女性髪型 ショート ボブ セミロング 薄毛 白髪対策

50代更年期女性のひとみです。

50代の髪型ってどんなのがいいのか悩みますよね。

私は美容院へ行く前にはホットペッパービューティなどでヘアスタイルをチェックしています。

女優さんのヘアスタイルも参考になりますね。
同世代の女優さんがテレビなどで素敵な髪型にしていたらパシャり!と写真をとっておきます。

似合うかどうかは別として、美容院に行った時にこんな風にして欲しいと見せることができるので。

元美容師からの意見としては50代になったらロングヘアはやめたほうが良いと思います。

なぜかっていうと、髪の毛にツヤがなくなってくることや白髪を染めて髪が傷んできていること。

例外的にグレイヘアーをロングに伸ばしてすごく綺麗な人も中にはいますけれど。
これは、髪の毛が多くてお肌が透き通るように綺麗なことが第一条件。

50代になって色々なお肌のトラブルがあるロンググレイヘアーはなかなか厳しいものがあるんじゃないかな、と私は思います。

 

50代におすすめの髪型

個人的な意見ですのでさらりと流してね。

50代になったら、短めのセミロングかショートが素敵だと思います。

髪質や顔かたちも10人10色なので似合うヘアスタイルはそれぞれ違いますよね。
自分に雰囲気の似た女優さんなどの髪型を真似してみるというのも失敗がなくておすすめ。

 

50代女性髪型 ショート ボブ セミロング 薄毛 白髪対策

 

肩くらいの長さのセミロングなら、
少し毛先をアイロンで巻いたりしてふんわりさせて、華やかにするのがおすすめ。
どんな人にも似合いやすい長さです。

 

50代女性髪型 ショート ボブ セミロング 薄毛 白髪対策

ベリーショートは、
大竹しのぶさんや安田成美さんのような女性的で可愛い人にとても似合います

 

50代女性髪型 ショート ボブ セミロング 薄毛 白髪対策

そして、ボブヘア
このヘアスタイルは年齢関係なくおしゃれで洗練されて見えるのでおすすめです。

ボブヘアは色々なバリエーションがあるので、自分に似合う長さやスタイルを美容師さんと相談されるのもいいと思います。

髪のボリュームが少ない人はグラデーションをつけたボブにすると後頭部がふんわりして髪が多く見えますよ。

おしゃれ、モード系にするなら前下がりのボブが断然おすすめ。
このボブはとても素敵です。

 

50代女性髪型 ショート ボブ セミロング 薄毛 白髪対策

*白髪対策としての髪型

なるべく分け目のないスタイルにすると伸びてきた白髪も目立ちにくいですね。
前髪を作るヘアスタイルで生え際をなるべく見せない工夫をすると良いですよ。

 

*薄毛対策としての髪型

少なくなってきた髪の毛が気になる人にはショートヘアがおすすめです。

ロングヘアはどうしても毛根に力がかかるので抜け毛の原因にもなります。
髪が短いと毛根への負担が減るので抜け毛も軽減されますね。

 

50代髪型まとめ

50代女性髪型 ショート ボブ セミロング 薄毛 白髪対策

私はボブが大好き。
50代になってから白髪も増え髪も細く薄くなってきてからは、顎のラインのボブがお気に入りです。

40代の頃はセミロングのふんわり巻いたヘアスタイルも好きでアイロンで巻き巻きしてました。

年齢とともにお洋服の趣味も変わってくるし、ヘアスタイルもどんどん変えてみると新しい自分に出会えて楽しいですよ。

失敗しても髪の毛は伸びるので、切り過ぎてもまたすぐ戻りますから。

髪の毛に良い食べ物って何?!ツヤのある美しい髪になるための食品まとめ!

美髪 おすすめ栄養素 食べ物

髪の毛ツヤツヤしてますか?

私は20代から白髪が出始め、今は半分以上が白髪となってしまいました。(涙)

黒くて艶のある髪に憧れます。

白髪染めは髪の毛も地肌も傷めるので、私はヘアカラーはカラートリートメントで染めています。

細くなってしまった髪の毛を元気にするには何を食べれば良いのかなということで、
髪の毛に良い食べ物を調べてまとめました。

サラサラ、ツヤツヤの髪の毛になりましょう。

 

髪の毛に良い食べ物

美髪 おすすめ栄養素12 食べ物

髪の毛のために摂りたい栄養素!

次の12の栄養素は髪の毛を健康にします。
髪の毛にいい食品はお肌にも良いので、毎日の食卓の参考にしてみてくださいね〜。

  1. タンパク質
  2. ビタミンB
  3. コラーゲン
  4. シリカ(ケイ素)
  5. ビタミンC
  6. 亜鉛
  7. カルシウム
  8. オメガ3脂肪酸
  9. チロシン
  10. ビオチン

 

具体的には何を食べたらいいの?

髪の毛の90%を占めるタンパク質

美髪 おすすめ栄養素 食べ物 タンパク質

髪の毛には絶対欠かせないのは主成分であるタンパク質!
お肌の美しさもタンパク質が必要です。

お肉や大豆料理などを一食の献立に必ず入れましょう。

おすすめのタンパク質

  • 鶏卵
  • 大豆
  • 豆類

 

髪のタンパク質を合成するビタミンB6

美髪 おすすめ栄養素 食べ物 ビタミンB6

ビタミンB6とタンパク質を一緒に摂ることがとても重要!

美髪と美肌には欠かせない成分です。

ビタミンB6が多く含まれる食品

  • にんにく
  • 酒粕
  • カツオ
  • さば
  • 秋刀魚
  • ピスタチオ
  • 抹茶
  • ごま

 

髪を丈夫にするコラーゲンとシリカ、ビタミンC

美髪 おすすめ栄養素 食べ物 コラーゲン シリカ

髪の毛の健康のためにはコラーゲンやビタミンC、シリカが必要不可欠!

美肌のためにも良い栄養素なので積極的に摂りましょう。

コラーゲン、シリカ、ビタミンCが含まれるおすすめ食品

  • シャケ
  • うなぎ
  • 秋刀魚
  • ぶり
  • きび、大麦
  • 青のり
  • 果物
  • 赤ピーマン
  • ブロッコリー

 

抜け毛予防には亜鉛、カルシウム

美髪 おすすめ栄養素 食べ物 亜鉛 カルシウム

カルシウムって骨だけじゃないのよ〜。

髪の毛もカルシウムが不足すると髪の毛が痩せてきます。

どんどん細くなる髪の毛、抜け毛の予防必要な栄養素です!

 

亜鉛、カルシウムを含むおすすめ食品

  • 牡蠣
  • 煮干し
  • 肉類
  • 抹茶
  • 松の実
  • ヘンプナッツ
  • 干しエビ
  • ごま
  • 海藻など

 

髪の乾燥を防ぎ、髪を艶やかにするオメガ3脂肪酸

美髪 おすすめ栄養素 食べ物 オメガ3脂肪酸

油は太るから摂らないようにしている人もいるかもしれません。
良質な油が髪の毛の艶を作ります。

パサパサとまとまりのない髪は油分が不足しているかもです!
ツヤツヤの髪の毛を手に入れるには程よく油分も摂りましょう。

 

オメガ3脂肪酸を含むおすすめ食品

  • 青魚
  • オキアミ
  • 亜麻仁油
  • えごま油

 

白髪予防にはチロシン、ビオチン、銅、鉄

美髪 おすすめ栄養素 食べ物 白髪 チロシン

白髪はできるだけ遅く出現してほしいですよね。

白髪染めは本当に面倒だし、白髪になると毛質も変わります。
くねくねくせ毛になったり、まとまりがなくなっちゃうんです。

白髪をなるべく遅くまで生やさないためにも次の食品を積極的に食べましょう!

 

チロシン、ビオチン、銅、鉄を含むおすすめ食品!

  • きな粉
  • ごま
  • ココア
  • 焼き海苔
  • ヘーゼルナッツ
  • 魚類
  • スルメ
  • イカ、タコ
  • きくらげ
  • ひじき

 

髪の毛に良い食べものまとめ

美髪 おすすめ栄養素 食べ物 まとめ

今回は艶やかな、輝くような髪の毛になるための食品をまとめてみました。

私は、20代後半から白髪が出始めて50代にして半分以上が白髪です。
父が早くから白髪でしたから、遺伝です。

調べたところ遺伝の白髪はどうしようもないとあり、がっかりしました。

でも、一般的には50代の頃からポツポツと白髪になるひとが多いのではないでしょうか。

白髪は少しでも遅く生えてほしいですよね。
そんな人の参考になれば嬉しいです。

髪の毛に必要な栄養素をしっかりとって、いつまでもツヤツヤの美髪と美肌を作りましょうね。

白髪染めはどれを選ぶ?地肌に優しく髪にツヤがでるのは?!おすすめはカラートリートメント!

白髪染め ヘアカラー カラートリートメント ヘナ ヘアマニキュア

サラサラと艶のある髪の毛。憧れますね。

私は、白髪が出てきて毛染めするようになってから、髪の毛は細くなってしまいました。

前髪のあたりはなんだか薄くなって地肌が見えてきた???
このままではヤバイ!って、すごく焦りました。

そして、パサパサ、髪の毛がまとまらないという状態が悩みでした。

髪の毛は年齢が出るというか、髪の毛が痛んで艶がなくなると絶対に老けて見られます!!嫌ですよね!

なので、髪の毛はいつも艶のある状態にしていたいのですよね〜。

白髪染め ヘアカラー カラートリートメント ヘナ ヘアマニキュア

そこで、私は色々な毛染めを試しました。

髪に艶が出て地肌に優しく染められる毛染めはないものか?

 

白髪染めには色々なものがありますよね。

選ぶときに悩みます。

美容院で毎回染めるのもお金がかかるし、時間もね。

自分で染めるには、一般的な毛染め、マニュキュア、カラートリートメント、ヘナなどがあります。

 

私は、色々と染めてその結果たどり着いたのは・・・。

カラートリートメントです。

 

色の出方とか、毛質とか私がいいと思う商品が皆さんに合うかどうかわわかりません。

ただ、私はこれが一番地肌に優しくて、髪の毛にも艶がでるのでいいな〜。と思っているということです。

 

どれを選ぶかは白髪の多さや髪質などによって、合うものは人それぞれだと思います。

とっても個人的な感想ですが、参考になれば嬉しいです。

 

白髪染めの種類

白髪染め ヘアカラー カラートリートメント ヘナ ヘアマニキュア

  • ヘアカラー
  • マニュキュア
  • ヘナ
  • カラートリートメント

 

*ヘアカラー

 

白髪染め ヘアカラー 

一般的な毛染め。

髪と地肌へのダメージは大!大!大!

 

アルカリ剤と過酸化水素水を混ぜたもの。
アルカリ剤で髪の表面のキューティクルを開いて薬剤を浸透させるため、髪へのダメージはとても強い。

地肌の弱い人はかぶれることがあるので、染める前には必ずパッチテストをしましょう。

染めている時の匂いもキツイです。私はこの匂いが鼻にツーンときてツライです。

 

ヘアカラーは髪と地肌へのダメージが一番強いです。

私は明るめの髪の毛が好みでしたので、数年ヘアカラーで染め続けていました。

色はとても綺麗で気に入っていたのですが、

髪の毛は細くコシがなくなり、前頭部の地肌が透けて見えるほどになってしまいました。

発色は一番良いですが、白髪が多くなって頻繁に染めたいという人は地肌に負担がかかりすぎると思います。

2ヶ月〜3ヶ月に1度くらいの染め間隔の人なら大丈夫かな。

白髪が多くなって短期間に繰り返して染めるのはやめたほうがいいでしょう。

 

メリット

  • 根元からしっかり染まる
  • 色落ちしにくい
  • 発色が綺麗

 

デメリット

  • 地肌と髪の毛のダメージが大きい

 

*ヘアマニュキュア

白髪染め ヘアマニキュア

髪と地肌へのダメージはほとんどありません。

ヘアマニュキアは爪に塗るマニュキュアと同じような感じと思うとわかりやすいですね。

表面にコーティングするだけなので、シャンプーするたびに色落ちします。

色のもちはよくありませんが、地肌に塗らないので地肌への負担はありません

もちろん、髪の毛もコーティングするのでサラサラと綺麗になります。

 

白髪がある世代には根元から塗れないというのはかなり残念なところかな〜。
地肌からしっかり塗りたいですものね。

 

メリット

  • 髪や地肌が痛まない
  • ツルツルになる

 

デメリット

  • 地肌につくと落ちにくい
  • 地肌から塗れないので、染まってほしい地肌に近い白髪を染めることができない
  • シャンプー毎に色落ちすること

 

*ヘナ

白髪染め ヘナ

髪と地肌へのダメージはほとんどなし。

ヘナは天然素材から作られた染料なので、地肌にも優しく染めることができます。

色々なメーカーから発売されていますが、自分で色を調整するタイプやあらかじめ色を作ってくれているタイプなど様々です。

ただし、ヘアカラーのように綺麗な色には染まりません。

染めるのに時間が結構かかります。
塗って最低1時間は放置する必要あり

そして、草木の匂い。結構きついかも。

私は、この匂いが髪の毛からしてくるのがどうしても気になって仕方がありませんでした。

そして、髪の毛が軋むような感じでゴワゴワとしてきました。
髪の毛が健康になったのでしょうか?

私は、匂いと髪の毛の手触りなどが合わなくて1年以上染めてみましたがやめました。

 

メリット

  • 地肌と髪の毛に優しい
  • 艶が出る

 

デメリット

  • 草木の匂いが気になる
  • シャンプーごとに色落ちする
  • 色の持ちが悪い
  • 染めに時間がかかる
  • 髪がゴワゴワしてきた

 

*カラートリートメント

白髪染め カラートリートメント

髪の毛にも地肌にもダメージはほとんどなし。

髪の毛の艶も出るし、抜け毛も切れ毛も少なくなりました。

 

色はトリートメントする毎に入る感じなので、ゆっくり染まります

一度でしっかり染めたいという人には向いていないと思いますが、お風呂に入るついでに染められるところが良いです。

ただし、シャンプーすると色落ちするので頻繁に染める必要あり

私は3日に1度、お風呂に入る前の乾いた髪の毛にしっかりとカラートリートメントを塗ってからお風呂に入り、15分ほど時間を置いてシャンプーするという方法に落ち着きました。

乾いた髪に塗ると根元からしっかりと染まるのでおすすめです。

 

メーカーにもよりますが、地肌に付くとなかなか落ちないものがあり落とすのに苦労した商品があります。注意してくださいね。

 

カラートリートメントで気になるといえば、お風呂場に少し色が付きます

なので、私はお風呂洗いの洗剤を持ってお風呂に入ります。
シャンプーした後にささっと洗い場を洗って色がつかないようにしています。

白髪染め ヘアカラー カラートリートメント ヘナ ヘアマニキュア

 

*私が使った中でお気に入りのカラートリートメント

フラガール(現在使用中)

お気に入りの理由は、地肌についてもシャンプーで簡単に洗い流せるところ。

このカラートリートメントは優しくいい香り。

ナチュラルブラウン色を使用していますが、色が少しピンクがかっているのが可愛いです。

髪の毛の色は写真のような感じです。
(少し前にボブにしました)

染まりもなかなか良いところもお気に入りです。

シャンプーもこちらのものを使用しています。

アミノ酸系の地肌に優しいシャンプーになっていますよ。

これおすすめ〜。

左のボトルはヘアオイルです。

オリエンタルな香りで少し好き嫌いがあるかもしれませんが、私は大人っぽくて気に入っています。

 

レフィーネ

レフィーネも地肌についてもシャンプーで簡単に洗い流せます。

マロンブラウン色を使用。優しい茶色で白髪もよく染まりました。

艶も出て髪の毛も元気になりました。

 

レフィーネから離れた理由は、私の髪質かもしれないですが、パーマーをかけたら髪の毛がグリーンぽい色になってしまって嫌だったからです。

 

カラートリートメントのメリット

  • 髪の毛と地肌に優しい
  • 短時間(15分)ほどで染まる
  • 髪の毛に艶とコシがでる

 

カラートリートメントのデメリット

  • お風呂場や洗面に付くと落ちにくいので注意が必要
  • シャンプー毎に色落ちする
  • 一度ではしっかり染まらない

 

白髪を染めるにはどれを選ぶ?まとめ

白髪染め選び方 ヘアカラー カラートリートメント ヘナ ヘアマニキュア

アラフィフともなると白髪がポツポツと出てきますね。

私は、遺伝なのでしょうか、20代後半から白髪がで初めてかれこれ30年染め続けています。

最初の頃は白髪も少なかったので、ヘアカラーを2ヶ月に一度くらいで全然大丈夫でした。

でも、最近では半分くらいが白髪になっているので、1週間も放置すると恥ずかしくてそのままでは外出したくないほど。

最近では、染めないという選択もあるようですが、私はまだもう少しの間は白髪を染め続けたいです。

今回は私の個人的な感想でしたので、参考になるかどうかわかりませんが、白髪染めを選ぶ参考になればいいなっ。と思います。