50代の女性におすすめの白髪染め。地肌と髪に優しいラジャスタンヘナ!ヘナ染めブログ5つまとめ。

50代女性のひとみです。

あなたは白髪がありますか?
わたしは80%くらいは白髪です。

1週間もすると白髪が生えてきて嫌になっちゃいます(涙)
しょっちゅう染めるのがしんどくなってきたので、資生堂のプリオールの白髪隠しでごまかしています

というわけで、今は3週間に一度の割合でヘナで染めています。

ヘナで染め始めてから試行錯誤をしながら現在に至っています。
少しずつ改善して今は満足できるくらいしっかりと染まるようになりました。

過去のヘナ染めのブログを5つご紹介しますね。
少しずつ染め方が変化しています。

最終的に2020年8月のブログの方法で落ち着いています。
また変化していくかもしれませんが、その時はまたブログに書きますね。

ヘナ染めの参考になれば嬉しいです。

 

2019年2月8日のヘナ染めの記事

初めは色選びが分からず、少し暗めの色を購入。
少し緑っぽく染まったのと、暗めになってしまったので焦った記憶があります。

50代女性の白髪染め ラジャスタンヘナを使った白髪染めは髪と地肌に優しい 

ヘナカラーで50代女性が髪を染めた感想。ヘナは良く染まる?染まらない?

 

2019年5月3日のヘナ染めの記事

ミディアムブラウン色を購入し、色を混ぜてみたり試行錯誤している段階。

50代女性の白髪染め ラジャスタンヘナを溶いたところの写真

薄毛に悩む50代女性におすすめ!地肌と髪に優しいヘナの毛染め。

 

2019年11月8日のヘナ染めの記事

ヘナカラーで染め始めて半年以上が経って自分なりの染め方が定着してきました。
ヘナを紅茶で溶いたり、ラベンダーの精油を1滴加えたりと工夫しています。

50代女性の白髪染め ラジャスタンヘナを染める準備

50代の女性の白髪の悩み。私の毛染め遍歴。最終的に選んだのは髪と地肌に優しいヘナカラー。ヘナカラーでの染め方。

 

2020年3月20日 YouTubeにヘナの染め方の動画をアップした記事

ヘナの溶き方と塗り方をYouTubeにアップしてみたチャレンジブログ。

50代女性の白髪染め ラジャスタンヘナで染めた写真 部屋の中ではこんな色になります

ヘナの染め方をユーチューブにアップしてみました〜。ラジャスタンヘナで白髪染め!

 

2020年8月27日 顔出しでヘナ染めをYouTubeにアップした記事

一番新しいヘナのブログは顔出し、すっぴん(汗)
染めるところから、染め上がりまでを動画にしました。

思っているよりも簡単に綺麗に染まるのがよくわかると思います。

50代女性の白髪染め ラジャスタンヘナは髪と地肌に優しい ヘナ塗り終えた写真

50代女性におすすめ!髪と地肌に優しいヘナで白髪染め。わたしのおすすめはラジャスタンヘナ。YouTube動画もあり!

 

ヘナ染めのまとめ

  • 白髪染めで髪が傷むのが嫌だという人
  • 普通の白髪染めだと地肌が痒くなるという人
  • お肌が弱い人

などにおすすめです。

わたしはヘアカラーで染め続けて傷んだ髪の毛がどんどん細くなって切れるようになっていました。

しかし・・・
ヘナで染め始めてからは髪の毛一本一本が元気になったのを実感。
髪にツヤも出てきてヘナ染めにしてよかったと思っています。

 

注意
ヘナ染めは草木にかぶれる人は必ずパッチテストをしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
参考になりますように〜。

50代女性におすすめ!髪と地肌に優しいヘナで白髪染め。わたしのおすすめはラジャスタンヘナ。YouTube動画もあり!

50代女性のひとみです。

あなたは白髪染めは何で染めていますか?
わたしはヘナ染めしています。

ヘナで染め始めたのは普通の毛染めで頭皮が痒くなって赤くかぶれたこと。

もう一つは、髪の毛が細く薄くなってきたこと。
かなり危機感を覚えました。

そしてヘナで染め始めたところ、髪が元気になってコシとツヤが出てきました
これ、すごく嬉しかったです。

そんなこんなで、もし薄毛や髪の毛が傷んでしまってまとまらないとお悩みがあるなら、ヘナで染めるのをおすすめします。

 

ラジャスタンヘナがおすすめ3つのポイント

50代の白髪をラジャスタンヘナで染める 白髪染め

わたしは、色々なヘナを使ってみましたが、最終的に
ラジャスタンヘナに落ち着きました。

なぜ、このヘナがおすすめなのかというと

  • よく染まる
  • 染まった髪色がキレイ
  • お値段がお手頃

そうなんですね。
ヘナが100%じゃないものがあるから気をつけて購入しましょう。

そして、100%と言われているものは結構お高いものもあります。
しかし、このラジャスタンヘナは100%ヘナなのにお手頃価格なんですね。

100g入りで1,200円(税抜)くらいで購入できます。

そして、わたしの場合はこの一袋で3〜4回くらい染めています。

ということは、1回300円ほどってことです。

ちなみに、わたしの髪の毛はミディアム。
リタッチといって伸びてきたところから3センチくらいまでを染めるようにしています。

注意:根元から毛先まで塗ると1袋使うかもしれません。

 

ヘナの塗り方

50代の白髪をラジャスタンヘナで染める方法

ヘナの塗り方は以前にもYouTubeにアップしたのですが、
初めてのYouTubeで上手に撮影できていませんでした。

ヘナの染め方をユーチューブにアップしてみました〜。ラジャスタンヘナで白髪染め!

というわけで、今回もう一度ヘナを塗るところがわかるように動画にしてみました。
参考になると嬉しいです。

 

ヘナ染めの手順

(準備)

  1. 顔まわりにクリームを塗ってヘナを塗る準備をしておきます
  2. ヘナをぬるめのお湯か紅茶でマヨネーズくらいの柔らかさにときます。

(ヘナを塗ります)

  1. 髪を頭頂部から3等分くらいにざっくり分け下から順番に染めていきます。
  2. 顔まわり、頭頂部は特に気になるところなのでしっかりとヘナを塗っておきましょう。
  3. 塗り終わったら、ラップでしっかりと頭を包みます。
    バンダナなどを頭に巻いておきましょう。

(放置タイム)

  • 夏はそのまま2時間くらい放置するとしっかり染まっています。
  • 冬は少しドライヤーで頭に熱を加えてから2時間放置するとよく染まります。

(洗い流し)

  • お湯でしっかり洗い流しましょう。
    ヘナは基本的にはシャンプーをしないことを推奨されています。

*わたしは、髪の毛に残る匂いが好きではないので軽くシャンプーします。

(髪を乾かす)

  • 自然乾燥する
    ドライヤーで熱を当てると色が少し褪せるとのこと。

*わたしは自然乾燥させると地肌が匂うような気がするので、ドライヤーを使って乾かします。

個人的には少しぐらい色が褪せても全然気になりません。
2時間放置すると色がしっかり入っているのでそんなに色落ちしません。

ここまでの工程をYouTubeの動画にしています
よければみてみてね。

 

ラジャスタンヘナのまとめ

わたしは個人的にはこのナチュラルバランスのラジャスタンヘナのミディアムブラウン色が一番のお気に入りです。

  • しっかり染まる
  • 髪にツヤが出る
  • 買い求めやすい価格
  • 送料が無料(ネコポスかゆうパケット)

しっかり染めるには2時間放置してみましょう。
わたしの経験では1時間では少し色の入りが薄く感じました。

ヘナで染めると髪と地肌が元気になります。
わたしはとてもおすすめです。

ただし、草木にかぶれる人は注意してくださいね。
パッチテストをしてから染めましょう!

最後まで読んでくださりありがとうございます。
個人的な感想ですのでご参考までに。

ナチュラルブラウンラジャスタンヘナのHPはこちら

天然植物だけで白髪を染めるヘナ。初めての方は、お試し価格から始めてください。
かゆみ等お肌に合わなかった方、全額返金致します。違う色をお試ししたい方もどうぞ。
丁寧な染め方説明書を同梱します。

返金制度もあります。
もし合わなかったらという方も安心ですよ。

ラジャスタンヘナ ミディアムブラウン 自然な茶色 100g

 

ヘナの染め方をユーチューブにアップしてみました〜。ラジャスタンヘナで白髪染め!

白髪で悩む50代女性のひとみです。

40代からそろそろ白髪が出始め、50代になると頻繁に染めないと白髪が目立つ〜!!ってことないですか?

私は、若白髪なので20代の後半からずーっと染め続けています。

もう白髪の分量が半端ないので、週一で染めないと分け目が目立って恥ずかしいんです。

自分で染めてて、ヘナ染めしようかな?と思っているあなた!?
ヘナ染めは地肌にも、髪の毛にも優しいのでぜひ試してみて。

50代女性 白髪染め ヘナ染め ラジャスタンヘナ

ただし、草木にかぶれる人は要注意です。
使用する前に必ずパッチテストをしてかぶれないことを確認してね。

初めてのユーチューブで自撮りです。
ちょっと不慣れなところもありますが、
参考になるかと思うので、こちらのユーチューブをみてみてね。

今回使ったのは、ラジャスタンヘナ。

いつもヤフーのナチュラルバランスで購入しています。
送料も無料だし、ヘナもとっても良心的な価格だと思います。

染まりも良く、色も綺麗ですよ。

ヘナの染め方はユーチューブをみてもらうとわかると思いますが、
簡単に説明しておきますね。

 

ヘナの染め方

*準備

50代女性 白髪染め ヘナ染め ラジャスタンヘナ

まず、初めて染めるときは腕などの内側に溶いたヘナを塗って48時間放置します。
赤くなったり、痒みが出たら染めないでくださいね。

パッチテストで何も異常が無ければ、染めてみましょう。

まず、顔の周りにクリームなどを塗っておきます。
ヘナは顔についても落ちやすいですが、塗っておくと安心です。

ヘナ、手袋、ケープ、ボール、紅茶かお湯、アロマオイル数滴、ハケ、サランラップ、タオルを用意します。

ボールにヘナを適量入れて、紅茶でマヨネーズくらいの硬さにときます。
お好みでアロマオイルを2滴ほど加えます。

ヘナの準備ができました。

 

*ヘナを塗りましょう

50代女性 白髪染め ヘナ染め ラジャスタンヘナ

  1. 根元からたっぷりとヘナを塗りましょう。
    全体に塗れたら、サランラップで頭を包みます。
  2. 私は上からバンダナを巻きます。
    冬場はその上からニット帽をかぶるようにしています。
    ニット帽をかぶっておくとしっかりと染まるし冷え防止にもなりますよ。
  3. ドライヤーで少し頭を温めてから、
    1時間30分〜2時間放置しましょう。
    私の場合、1時間では少し色の入りが弱いかな。
    2時間放置するとしっかりと染まります。
  4. 時間がきたら洗い流します。
    お湯でしっかりとヘナが流れるまで洗い流しましょう。

 

(参考)

ヘナは染めた後、シャンプーをしないほうが良いとされています。

しかし・・・

私は匂いと髪の毛のごわつきが気になるので軽くシャンプーします。
色落ちは覚悟の上です。

 

洗いあがったらタオルドライでしっかり乾かしましょう。
ドライヤーは使わない方がヘナの色がしっかり入ります

しかし・・・

私は、風邪を引きそうなのでドライヤーで乾かしてしまいます。

本当は、シャンプーもドライヤーも使わない方が良いので、ここは個人の判断でするかしないかは決めてくださいね。

ヘナ染め、美容院でもしているお店があるのでお店で染めてもらうと綺麗に染まるのは間違いありません。

でも、私は節約のために自分で染めています。
慣れれば案外簡単に綺麗に染まりますので、一度チャレンジしてみてはいかが?

私の使っているヘナはこちらです。

50代女性 白髪染め ヘナ染め ラジャスタンヘナ
ナチュラルバランス ヘナ ミディアムブラウン
100g×2個で 2,376円(税込)です。

では、今日はこのへんで。
最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

50代の女性の白髪の悩み。私の毛染め遍歴。最終的に選んだのは髪と地肌に優しいヘナカラー。ヘナカラーでの染め方。

更年期女性のひとみです。

白髪染め、あなたはどうしていますか?

ヘアカラー?それともカラートリートメント?
マニュキュアや酸性カラー、カラーシャンプーなんていうのもありますね。

美容院で染めてもらっている人、自分で染める人と様々ですよね。
わたしはもうずーっと自分染めです。

30代初めの頃は美容院で染めてもらったりしていたのですが、どんどん白髪の量が増えてきて、美容院にそんなにしょっちゅう行くわけにもいかず・・・。

金銭面や時間的なこと含めてね。

 

わたしのヘアカラー遍歴

アルカリヘアカラー→ヘアマニュキュア

20代の頃は普通のヘアカラーで染めていました。
でも、30代になって突然、地肌が痒くなって赤くなってしまったのです。

どうしたことか・・・と焦りましたが、幸いにもそんなにひどくならなかったので、地肌につけなくて良いヘアマニキュアで染めることにしました。

でも、ヘアマニキュアは地肌につけちゃいけないから根元までしっかり染まらないわけで。

すぐに白髪が目立つようになってきました。

 

ヘアマニキュア→ヘナ染め→カラートリートメント

そこで、ヘナ染めすることにしたのですが、その頃20年も前には今ほどヘナの色も多くなく、オレンジ系の色にしか染まらなかったのです。

そのオレンジ色がすごく嫌だったので、ヘナカラーをやめてカラートリートメントで染め始めました。

これも、一度ではなかなかしっかり染まらず、2度、3度と染めるうちにどうにか目立たなくなるって感じ。

染めても、2〜3日で色落ちするので、週に2度は染めるという日々
これが結構面倒。でも白髪は嫌なので頑張って染め続けましたよ。

カラートリートメントで染め始めてかれこれ10年ほどたった頃、またしても地肌に異変が・・・!!

地肌が突然痒くなってきたのです(涙)

ああっ〜もう毛染め諦めようかなぁ〜と思ったけれど、まだ白髪にするのは嫌!
まだ、グレイヘアーには早すぎるってことでヘナに戻りました。

 

ヘアトリートメント→ヘナ

50代女性 白髪染め ヘナ染め ラジャスタンヘナ ミディアムブラウン

またしても、ヘナ染めに戻ってきたのです。

時代が進んで、オレンジ色だけではなくインディゴなどを混ぜたりしたものが売られるようになっていました。

ヘナは地肌にも髪にも優しくて地肌にかゆみも赤みも出ないので安心して染めることができます。

しかし、ヘアカラーに比べて色の幅が狭い。

ヘナだけだとオレンジ系に染まってしまうのでとうもろこしのヒゲみたいで嫌なのよね。

インディゴの配合が多いとどうしても暗めのお色になってしまうのが難点です。
暗めのお色で染めると真っ黒に染まってしまうのが欠点かな。

真っ黒になりたくない人は注意してね。
一度真っ黒に染まると、ブリーチなどしないと色が抜けません
明るめのお色から染めるのをお勧めします。

今、使っているヘナは ラジャスタンヘナ ミディアムブラウンというお色なので、自然な髪色に染まっています。

50代女性 白髪染め ヘナ染め 染め方 染め上がりの色

↑ 部屋の中での髪色はこんな感じ。

50代女性 白髪染め ヘナ染め 染め方 太陽光の下での髪色

↑ 太陽光の下では少し明るめのお色に見えますね。

本当はもう少し明るい目の色が好きなのですが、しょうがないかなと諦め気味。

でも、ヘナはしっかり染まるし、一度染めると色落ちもそうないのが良いところではあります。

今、使っているのはラジャスタンヘナ ミディアムブラウン

50代女性 白髪染め ヘナ染め ラジャスタンヘナ ミディアムブラウン

 

ヘナの染め方

50代女性 白髪染め ヘナ染め 染め方

好みのヘナを用意する。

ボウルにヘナを入れてお湯か紅茶でマヨネーズくらいの硬さに解きます。
わたしは、紅茶で染めると染め上がりが良いと聞いてから紅茶で解いています。

そして、草木の気になる人はここで、ラベンダーなどの精油を1〜2滴落とします。
ヘナ独特の匂いが少し和らぎますよ。

50代女性 白髪染め ヘナ染め 染め方

お洋服が汚れないように手袋とケープをつけて染めましょう。

特によく染めたいところはたっぷりと塗ります。
ヘナを塗るというよりヘナを置くという感覚でもいいくらいたっぷりね。

50代女性 白髪染め ヘナ染め 染め方

全体に塗り終えたら、ヘナを揉み込んでからキャップかラップで巻きます。
ここでドライヤーでちょっと温めると染まりがよくなりますよ。

そして、キャップの上からタオルなどを巻いて保温します。
1時間ほど放置しましょう。
よく染めたい場合はもっと長く放置します。

時間がきたらしっかりとお湯で洗い流しましょう。
ここで、シャンプーはしないように

せっかくのヘナ染めが落ちてしまいます。
綺麗にヘナが流れ落ちたらタオルドライします。

50代女性 白髪染め ヘナ染め 染め方

ここで、ドライヤーで乾かさない方が色もちがよくなります
熱を当てることで少し色が飛んでしまいます。

わたしは、寒い時期は風邪を引いちゃいけないと思ってドライヤーで乾かしてしまいますけれど(汗)

黒目のお色を選んだ人は少しグリーンかかったお色に染まっていると思います。
2〜3日経つとグリーンのお色が抜けて色味が落ち着いてきますよ。

50代女性 白髪染め ヘナ染め 染め方 染め上がりの髪色

慣れないうちは塗り残しがあると思いますが、目立つところが塗れて白髪が染まっていたらオッケーということにしましょう。

わたしは、こういうところは適当な性格なので良しとします!

ヘナカラーは思っているより簡単に染まり髪も元気になってきました。
放置時間はたっぷりおいたほうがしっかり染まりますよ。

ヘナカラーで50代女性が髪を染めた感想。ヘナは良く染まる?染まらない?

50代女性 白髪染め ヘナカラー 

50代更年期女性のひとみです。

50代にもなると白髪が気になりますね。

私は、若白髪だったので、20代の後半からポツポツと出始めて、
50代の現在はほとんどが白いと言ってもいいくらいです。

なので、1週間も経つと、分け目に白髪が目立ってくるんですね。
背が低いというのもあって上から見下ろされることも多く、
「いやん、見ないで〜」と言いたくなります。

たまに、50代でも白髪なんてないのよ!って方に出会うのですが、
本当に羨ましい限りです。

私にはヘアカラーは必須なんです。

私は元々肌が弱いので普通のヘアカラーをすると頭が痒くなるので、
今まではカラートリートメントで白髪を隠していました。

なのに、なのに・・・

最近になって、カラートリートメントでも地肌が痒くなるようになってしまいました。

まだまだ、グレイヘアにする勇気はありません。

芸能人でもグレイヘアがとても似合っている方もいらっしゃるし、
グレイヘアにしようという流れもありますね。

最近、グレイヘアにした「近藤サト」さん。
美しいのでグレイヘアも様になっています。

50代でグレイヘアはまだちょっと悲しい気がします。
そんなわけで、私はヘナカラーで染めることにしました。

 

ヘナカラーが髪と地肌に優しいわけ

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ 

ヘナはインドなどで栽培されているハーブの一種です。
ヘナが普通のヘアカラーと違って髪と地肌に優しいのはなぜかというと。

脱色して染毛するわけではなく、
髪のタンパク質に反応して染まるんです。

なるほど。
ということは、髪と地肌を傷めずに染めることができるんですね。

 

更に嬉しいのは、ヘナには活性酸素を除去する働きがあります。

それってどういうこと?

古くなった頭皮を取り除くことができるんです。

なるほど。
ということは、地肌に優しいだけでなく健康になるってことね。

ヘナっていいね。

 

50代の女性がヘナで染めた感想

私の髪は70%ぐらいが白髪です。

今回使用したのは、ナチュラルバランスのラジャスタンヘナ

1度目はダークブラウンとナチュラルブラウンを1対1で混ぜたもので染めました。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

パッチテストもしっかりしましたよ。
痒みも赤みも出ませんでした。

ダークブラウン15g+ナチュラルブラウン15g=30g 使用。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

マヨネーズ状になるまでお湯を加えます。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

根元からしっかりたっぷりと塗り、ラップでキャップします。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

1時間放置してお湯で洗い流しました。

染め上がった髪の毛を見てびっくり!!
緑がかった黒に染まってます。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

染毛前 ↑ 根元が白くなっています。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

染毛後 ↑ 根元までしっかり染まっています。

ヘナの説明書には、ブラウンのお色にはインディゴが混ざっているので、
染めたては白髪が青、緑、紫色に染まる場合がある。と書いてあります。

うん、それなら納得。

1〜2日ほどで徐々に茶色に変わってくるらしい。
不安を抱えながら時間が経つのを待つ。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

2日後。まだ緑っぽいです。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

3日、4日経過すると緑色から茶色っぽくなってきました。

ヘナの色もちはどうか?というと、
カラートリートメントよりも染まりがよく持ちも良いと感じました。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

緑っぽいけれど生え際もしっかり染まりました。

一度染まった髪の毛の退色はあまり感じません。

50代女性 白髪染め ヘナカラー ナチュラルバランス ラジャスタンヘナ

1週間ほど経ったら緑色も気にならなくなりました。
髪にもツヤが出ています。

 

10年以上前に染めていたヘナはもっとオレンジ色に染まって、持ちもよくなかったような記憶があるのですが。

最近のヘナはインディゴを混ぜてブラウン色も出せるようになって、
品質もよくなってきたのでしょうね。

今回は、青味が強く出すぎたので、次回は混ぜる色を変えて再度挑戦してみたいと思います。

 

ヘナで染める際に注意すること

ヘナを染めた後はドライヤーの使用は避けたほうが良いと書いてある。

なぜだろう?と思ったので調べたところ、
ドライヤーで乾かすとせっかく染めた色が薄くなるようです。

寒い時期は部屋を温めて置かないと風邪引きそうです。

ヘナは染まりも良く、持ちも良い。

ただ、草の匂いが多少気になりますが、慣れてくると大丈夫かな?

 

今回私が使ったのはナチュラルバランスのヘナ