美肌になるために知っておこう!化粧品に使われる界面活性剤。

合成界面活性剤 美肌

乳液やクリームなどの化粧品に配合されている「合成界面活性剤」について今回は掘り下げて調べてみますね。

食器を洗う洗剤にも、洗濯洗剤にも入っていますよね。

このようなものが化粧品に使われているのは?

お肌は大丈夫?と心配になりますよねー。

どのような合成界面活性剤があるのか、毒性や刺激性なども検証しますね。

 

化粧品と合成界面活性剤の役割

合成界面活性剤 美肌

合成界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせるために化粧品を作る際に無くてはならないもの。

クレンジング剤やクリーム、乳液などのクリーム状になっているものには必ずと言っていいほど合成界面活性剤が使われています。

合成界面活性剤が入ることで、滑らかな柔らかい使いやすい化粧品になります。

 

*洗顔料
水と油を結びつけて油を洗い落とします。
合成界面活性剤が入ることで泡立ちがよくなり、洗浄力も上がります。

 

*クリームなど
水と油の膜を壊して化粧品の成分を肌の中に浸透させる。
合成界面活性剤を使って乳化させることで、伸びの良いお肌につけやすい状態になります。

 

*ファンデーション
合成界面活性剤を使うことにより色素の粒子を分散させます。
伸びが良い製品になり、キメの細かいお肌に見えるようになります。

 

合成界面活性剤は危険?

合成界面活性剤 美肌

合成界面活性剤が危険とされているのはどういうこと?

  • 皮膚の脂質を流出させる
  • タンパク質を変性させ、皮膚のバリア機能を壊す

皮膚の油分を取り除くので、乾燥肌になりやすい環境を作るということのようです。

 

化粧品には安全に使える合成界面活性剤の分量が決められています。
ひとつひとつの製品は危険性はないと思われます。

ただし、注意したいのは色々な化粧品を使うことで、肌につける界面活性剤の分量も増えてきます。
複数の化粧品を使わないことが自分のお肌を守ることになりますね。

 

化粧品は最小限に、「化粧水と美容液」、「化粧水とクリーム」など自分の肌に状態に合わせて適量つけることが美肌のためには良いということですね

 

合成界面活性剤の種類

合成界面活性剤 美肌 化粧品

非イオン界面活性剤

ほぼ無毒性・無刺激性

化粧品に使われているのは、主にこの非イオン界面活性剤
洗浄補剤、起泡剤、食品添加物として使用される。

食品添加物として使用されるほど安全性は高いと思われる。

 

陽イオン界面活性剤

強毒性・強刺激性(カチオン界面活性剤)

帯電防止剤、殺菌防腐剤、リンス、トリートメントなどに使用される。

 

陰イオン界面活性剤

低毒性・弱刺激性(アルキル硫酸塩、アルキエーテル硫酸塩など)

洗浄剤、シャンプーなどに使用される。

 

両性イオン界面活性剤

ほぼ無毒性・無刺激性

起泡剤、ベビーシャンプーや食品に使用される。

 

界面活性剤のことをもっと詳しく知りたい方は日本界面活性剤工業会のホームページへどうぞ

 

化粧品に合成界面活性剤が含まれる割合

合成界面活性剤 美肌 化粧品

界面活性剤の配合量が一番多いものから

  1. クレンジングオイル
  2. クリーム
  3. 乳液
  4. 化粧水

化粧品を乳化させるためには欠かせない界面活性剤です。
水に近いほど含有量が少なくなります。

界面活性剤の中でも非イオン界面活性剤を使っているものはそんなに心配しなくても良いと思われます。

 

美肌のためにはどのようなクレンジング剤を選ぶ?

合成界面活性剤 クレンジング 化粧品

合成界面活性剤の入っている分量の少ないものを選ぶこと。

合成界面活性剤が入ったクレンジング剤や洗顔料は、メイクを綺麗に落とすことができます。
ところが、皮膚に必要な油分も一緒に洗浄されてしまうため肌の持つバリア機能を壊してしまうということがあるんですね。

 

合成界面活性剤の入ったクレンジングを使い続けるとお肌はどうなるの?

洗浄力の強いものは、皮膚に必要な皮脂までも洗い流します

皮膚の健康を守っている「常在菌」が死んでしまうそう。

常在菌は、外部の刺激からお肌を守り、肌を酸性に保って細菌の繁殖を防いでるお肌には無くてはならない菌なのです。

 

合成界面活性剤が多く含まれた洗浄剤でお顔を洗い続けるとどうなる?

乾燥肌になる

乾燥したお肌を潤わせるために合成界面活性剤入りのクリームなどを塗る。

という悪循環にはまってしまうということです。

 

皮膚のバリア機能が傷つくとどうなるの?

外からの刺激を受けやすくなり、皮膚のトラブルなどが起こりやすくなります

水分を守ることができず、乾燥肌になってしまったり、皮膚が過剰に反応し皮脂を出しすぎてニキビができてしまうことも。

 

もともと、皮膚は自分の皮脂で守られています。

皮脂の成分は、油、脂肪酸、水(汗)、天然の界面活性成分です。

皮脂は自分が出す天然の最高のクリームということ。

 

どのような洗浄剤を選ぶといい?

合成界面活性剤 美肌 クレンジング

昔ながらのコールドクリームをおすすめします。

拭き取りタイプの無水型コールドクリームは、界面活性剤が入っていないのでお肌にとっても優しいです。

コールドクリームは油でメイクや汚れを落とします。
角栓を防いだり、溶かし出したりしますのでニキビでお悩みの人にもおすすめですよ。

コールドクリームはそのままでは洗い流せないので、塗ってマッサージするようにメイクと馴染ませた後、濡れティッシュやコットンなどで拭き取ります。

その後、ホットタオルで少し蒸した後、軽く拭き取ります。

そして、石鹸で洗うのがベストです。

石鹸はお肌のバリアを壊す力が弱いのでお肌が傷つきません。

 

石鹸はアルカリ性を選ぶこと!

合成界面活性剤 美肌 化粧品 石けん

脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムを原料としたもの。
「石けん素地」と記載されている石けん。

「複合石けん」、「弱酸性石けん」「アミノ酸系石けん」と書いてあるものは合成界面活性剤が配合されていますので注意してくださいね。

 

合成界面活性剤のまとめ

合成界面活性剤 美肌 化粧品 石けん

化粧品に必ずといっていいほど使われている合成界面活性剤。

いかにお肌につける量を少なくするかが美肌の鍵となりそうですね。

合成界面活性剤がたくさん含まれているオイルクレンジングはお肌のバリア機能を低下させます。

コールドクリームなどお肌に優しいクレンジングを使うようにすると、お肌がぷるんと柔らかくなりますよ。

 

そういう私も、以前はオイルクレンジングを使っていました。

何より、さっぱり洗えるから化粧が落ちてるって実感して気持ちよかったから。

でも、化粧品について色々と調べているうちに、合成界面活性剤が私の乾燥肌を作っていたんだ。と分かったのでコールドクリームでメイクを落とすようにしました。

コールドクリームで拭き取った後は、石鹸で洗顔します。
すると、お肌が柔らかく、ふっくらとしてきたのが実感できました。

 

体を洗うのも石けんを使っています。

石鹸で洗うとボディクリームなど使わなくても粉も吹かず、しっとりとしています。
何気なく、お肌の調子が良いから使い続けてきた石鹸。
少し高くても、石けん素地で作られたものを選んでね。

ボディーソープなどは液状のものを使うと、お肌が粉ふき状態になるので、随分前から使わなくなっていました。
ボディソープが合成界面活性剤が乾燥肌を作っていたんだと気づきました。
私のお肌が使わないでー。と訴えていたんです。

美肌になるためのの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です