50代女性がスキンチェッカー「美・ル・ル」を使ってみた。お肌の水分量・油分量・弾力を簡単チェック!必要な肌ケアで美肌に。

50代女性 スキンチェッカー 美肌つくり

50代更年期女性のひとみです。

お肌も張りやつやがなくなってきたなと思う今日この頃。

自分のお肌の水分量や油分量を知って足りなてない肌ケアをすることって大事だなぁ、と最近特に思うようになってきました。

私は、自分の肌のことを甘め評価していたということがスキンチェッカー「美・ル・ル」を使ってわかりました。

最初に計った時の数値をみて愕然となりました。

それから毎朝、洗顔後肌チェックすることが日課になって10ヶ月。

冬はやはり水分量がとても少なくて乾燥していることが判明。

湿度が上がる夏になるとお肌の水分量もグーンとアップしてきたんです。

こんなに空気の湿度がお肌の状態を左右するなんて!とびっくり。

数値化することで客観的に自分の肌を見ることができ、必要に応じた肌ケアをすることができるようになりました。

そのスキンチェッカー「美・ル・ル」とはどんなものなのか簡単にご紹介しますね。

 

50代の女性が肌チェッカー「美ルル」を使ってみた

スキンチェッカー「美・ル・ル」を今年の1月から使い始めた感想。

私は毎朝洗顔後に1度チェックしています。

単4電池2本で11ヶ月。まだ電池は切れていません。
電池が長持ちなところが良いです。

↓↓↓ちょっと恥ずかしいのですがこんな感じで毎日数値を記録しています。

50代女性 スキンチェッカー 美肌つくり 数値記録

スキンチェッカーを使い始めたのが1月のとても空気の乾燥している頃。
ドキドキしながら数値を計測しました。

50代女性 スキンチェッカー 美肌つくり

水分量は25%
油分量は42%
弾力はレベル1。最低の表示で泣いているお顔です。

この数値をみて私は本当に焦りました。
表面には油があるけど、内部は水分不足のインナードライ状態のお肌。

弾力は5段階表示されるお顔のマークでわかるのですが、一番下の最低の表示です。

 

50代女性 スキンチェッカー 美肌つくり

そして、春から夏へと季節は変わって夏になると数値も随分と変化してきました。
夏は湿度も高いのでお肌もしっとり。

水分量は多い時で50%
油分量は28〜30%
弾力もレベル4。お顔は笑っています。

夏は湿度が高い分お肌の調子もいい感じ。
このままこの状態が続いてくれると嬉しいなと思っていたのですが。

 

50代女性 スキンチェッカー 美肌つくり

そして季節は紅葉の季節。秋へと変わりました。
すると、水分量が減少し始めました
焦る〜。季節によってお肌の状態がこんなに変化するんだと驚きです。

水分量は1週間ごとに少しずつ下がってきました。

47%→44%→37%と減少し続けています

これはやばい状態です。
水分量がすごく減ってきてます。
水分量が保てるような肌ケアが必要なことが一目瞭然。

 

スキンチェッカー「美・ル・ル」を継続して使い続けることでお肌の変化がリアルにわかるのがとても良いと思います。

今日は水分量が足りてないな〜保湿ケア頑張ろうとか、油分少なめでオッケーとかね。

 

スキンチェッカー「美・ル・ル」は送料込みで定価2,980円。

美ルルの公式サイトはこちらからどうぞ。

私の使っているものは古いタイプで、今は新しい機種になり肌の状態が3段階表示になっています。
可愛い「くまモンデザイン」も登場しています。

 

50代女性におすすめ。肌チェッカーまとめ

50代女性 スキンチェッカー 美肌つくり

スキンチェッカー「美・ル・ル」を使い初めてから自分のお肌のことがよくわかるようになりました。

足りないところを補うお肌のケアができるので、今必要なお手入れで潤いのある美肌を目指すことができますね。

このスキンチェッカーを使うことで、今日は油分控えようとか水分量が保てるようなものをプラスしたり。

私はスキンチェッカー「美・ル・ル」が毎日の肌ケアに欠かせなくなりました。

50代の女性のお肌は色々な悩みがつきません。
自分のお肌を知ること。これが美肌への第一歩ですね。

50代女性におすすめのフルーツ。キウイフルーツが美肌を作る!美肌にはビタミンCを摂る!

50代女性におすすめ 美肌 キウイフルーツ ビタミンC

50代更年期女性のひとみです。

食欲の秋ですね。

食べ物が美味しくてついつい食べ過ぎちゃって後悔・・・。
ってことないでしょうか?

私はついつい・・・手が出てしまって(汗)

 

今日は、美肌に欠かせないビタミンCについて書いてみますね。

フルーツは1日200gを食べるのが理想とされています。

フルーツの中でも、ビタミンCの他にビタミンA、ビタミンEがたっぷり含まれたキウイフルーツが50代女性の美肌と健康におすすめです!

 

ビタミンCと美肌とキウイフルーツ

50代女性におすすめ 美肌 キウイフルーツ ビタミンC

皆さんもよくご存知だとは思いますが、ビタミンCはとても抗酸化力が高い栄養素。

お肌のシミを防ぐ効果があります。

そして、お肌に欠かせないコラーゲンの合成にもビタミンCが必要です。

お肌のハリを保つためには欠かせません。

 

フルーツの中でもおすすめなのが、キウイフルーツなんですね。

美肌のビタミンと言われている

ビタミンC、E、Aが豊富に含まれています。

体を錆びさせない抗酸化力抜群のフルーツなんです。

 

キウイフルーツに含まれるビタミンCはシミ予防の他には、クマを改善します。

ビタミンEは毛細血管の血行を良くし、老化防止に効果があります。

50代の更年期女性には嬉しい効果ばかりですね。

 

50代女性におすすめ 美肌 キウイフルーツ ビタミンC

キウイフルーツに含まれるビタミンCは

100gあたり59mgです。

 

1日に必要なビタミンCは100mgなので

1食あたり33mg摂れば良いので、キウイフルーツ半個でほぼ必要量を摂れてしまいますね。

 

ビタミンCは水溶性のビタミンなので、一度にたくさん摂っても使われず排出されてしまいます。

1日3食として1食につき33mgを目標に

 

フルーツは果糖・ブドウ糖・ショ糖と糖分が多く含まれるので、夜にフルーツを食べるのは避けましょう

 

ビタミンCの多く含まれる食品

50代女性におすすめ 美肌 キウイフルーツ ビタミンC

キウイフルーツ以外のビタミンCが多く含まれる食品をみてみましょう。

夕食にはフルーツは食べない方が良いので、野菜からしっかりビタミンCを摂りましょう。

100g中に含まれるビタミンC量

  • いちご・・・・・62mg
  • 柿・・・・・・・70mg
  • はっさく・・・・40mg
  • オレンジ・・・・60mg
  • レモン・・・・・100mg
  • キャベツ・・・・41mg(茹でると17mg)
  • 赤ピーマン・・・170mg
  • 小松菜・・・・・39mg(茹でると21mg)
  • サヤエンドウ・・60mg(茹でると44mg)
  • ツルムラサキ・・41mg(茹でると18mg)
  • 菜の花・・・・・130mg(茹でると44mg)
  • 苦瓜・・・・・・76mg(茹でると75mg)
  • ブロッコリー・・120mg(茹でると54mg)
  • モロヘイヤ・・・65mg(茹でると11mg)

 

ビタミンCは熱に弱いので、できるだけ生で食べられるものはそのままいただくのが理想ですね。

ブロッコリーや菜の花など茹でないと食べられないものもあるので、なるべく茹でる時間は短くビタミンCの流出を少なくすると良いでしょう。

いちごは長く水につけたり洗いすぎるとビタミンCが流れでてしまいますので、ササッと洗うようにしましょう。

 

ビタミンCの働き

50代女性におすすめ 美肌 キウイフルーツ ビタミンC

ビタミンCはストレスや飲酒、喫煙、不規則な生活などによって消耗します。

飲酒はほどほどに、喫煙はお肌にとって大敵なので、吸わないようにするのをおすすめします。

仕事などで溜まったストレスは上手に発散するようにしましょう。

 

どうしてストレスを感じた時にビタミンCが消費されるのか?というと・・・

ストレスを感じた時に副腎からアドレナリン・ノルアドレナリンが分泌される時にビタミンCを消費するからです。

ストレスを感じたら、ビタミンCを積極的に摂りましょうね。

 

ビタミンCが不足すると、蕁麻疹が出たり、気管支喘息になったりします。

また、目の角膜や水晶体にはビタミンCが必要です。
目を酷使する人はビタミンC不足にならないようにしましょう。

 

50代女性におすすめのキウイフルーツまとめ

50代女性におすすめ 美肌 キウイフルーツ ビタミンC

キウイフルーツはポリフェノールがたっぷり含まれているので、美肌効果以外にも活性酸素を除去する抗酸化作用や抗がん作用も期待できます。

疲れを取る、クエン酸やリンゴ酸もたっぷりと含まれているので疲労回復の効果があります。

美肌と疲れた体のためにキウイフルーツを1日1個、朝と昼2回に分けて食べると良いですね。

50代の女性におすすめのキウイフルーツで綺麗で健康に更年期を乗り切りましょう!

美肌のためにやってはいけないこと5つ!お肌にストレスをかけない!

美肌のためにやってはいけないこと

今回は肌にとってよくないことをまとめてみました。

案外、やっちゃってるってことあるんですよ。

私も、「えっ?これってよくなかったのね〜」という気づきがありました。

良かれと思ってやっていることが、実はお肌にとってストレスになっていることがあるんです。

今日から、ここにまとめたことをしないように心がけて美肌を作りましょう〜。

 

美肌に良くないこと

お肌にとってやってはいけない5つのこと

お肌にとってストレスになること5つ。

  • こする
  • 引っ張る
  • 押す
  • たたく
  • 刷り込む

えっ?そんなことはしていないわ。
私は大丈夫と思ったあなたは、美肌の持ち主だと思います。

 

こする行為とは

美肌のためにやってはいけないこと こする

  • コットンで拭き取りしていませんか?
  • タオルで顔をこすっていませんか?
  • 化粧品を塗るときに力が入りすぎていませんか?
  • 洗顔するときに力を入れすぎていませんか?
  • クレンジングを落とすときにティッシュなどでこすっていませんか?
  • スクラブ洗顔していませんか?

 

引っ張る行為とは

美肌のためにやってはいけないこと 引っ張る

  • 化粧品を塗るときに、上げるように皮膚を引っ張っていませんか?
  • マッサージをするときに皮膚を引っ張っていませんか?

 

押す行為とは

美肌のためにやってはいけないこと 押す

  • ツボ押しマッサージなどでお肌をグイグイと押していませんか?
  • ローラーなどの美顔器機でお肌を押していませんか?

 

叩く行為とは

美肌のためにやってはいけないこと 叩く

  • 化粧水をパタパタと手のひらやコットンで叩いていませんか?
  • 血行を良くするためにお肌を叩いていませんか?

 

すり込む行為とは

  • 化粧品を良く浸透させようと思ってお肌にすり込んでいませんか?

 

ざっと、思い当たるのはこんな感じですが、他にもお肌に刺激になることがあると思います。

例えば、エステに行ってフェイシャルをしてもらうこと。

私は、以前まだ若かかりし頃。30代の頃に何度かフェイシャルのエステに通ったことがあります。

でも、私が行ったエステシャンの人が私に合わなかったのか、力が強い人だったのか・・・クリームなどを拭き取る時に当たるタオル?がとても痛くて。

マッサージもお肌に刺激を感じ、とても気持ち良いという思いではなかったので、それからはお顔は人に触られるのが怖くなってしまいました。
その体験以後は自分でケアしております。

お肌に触れるのは、最小限に。
そして優しく触れるというのがお肌にとって一番良いことだと考えます。

 

美肌を保つにはシンプルケアが一番!

美肌のためにやってはいけないこと シンプルケアが一番

そうなんですよ。あまり色々使わない方がお肌にはいいんです。

私は、本当にシンプルなお手入れです。

洗顔は石鹸のみ。クレンジングは使いません。

石鹸で落ちる化粧品(ファンデーション)を使っています。

そして、化粧水(界面活性剤の入っていないもの)で保湿。そのあとクリームを塗っておしまい。

朝は、UV効果のあるクリームを使います。

なるべく界面活性剤をお肌に塗らないこと!これが美肌の秘訣です。

 

界面活性剤はお肌のバリアを壊します
表皮は外部からの刺激や異物を中に入れないように防御しています。

そのバリア層を壊してしまうのが、界面活性剤なんです。

 

UVケア

忘れてはいけないのが、紫外線から身を守ること。
日焼け止めはしっかりと塗りましょう。

UV-Aは肌の内部の真皮まで影響を与え、お肌の弾力が失われてシワ、シミの原因に。

UV-Bは表皮に影響を与え、赤くなってお肌がヒリヒリとするサンバーンを起こします。シミやくすみなどの原因に。

美肌を守る日焼け止めの選び方。紫外線はお肌の大敵!冬でも必ずつけましょう!

↑↑↑こちらは日焼け止めのお話です。みてみてね。

 

美肌のためにやってはいけないことのまとめ

美肌のためにやってはいけないこと

どうでしたか?
5つのことやっていませんでしたか?

私は、化粧水を塗った時にたたいたり、クリームを塗った時に押したりしていました。

改めて、なんとなくやっちゃってたな。と感じることもあったと思います。
とにかくお肌には、必要以上に触らない、刺激を与えないことが大切です。

マッサージの行為もお肌が凹むくらいグイグイとしないようにしましょう。
そして、ファンデーションを塗る時にも、お肌に優しく力を入れないようにしてくださいね。

今日から、美肌のために優しく、優しくお肌に触れてあげましょうねっ。

美肌になるにはセラミド入り化粧品を選びましょう!保湿が肝心!

綺麗なお肌

私のお肌は超乾燥肌。

冬はどんどん空気が乾燥して、お肌にはとても辛い季節です。

この季節に選びたい化粧品の成分はセラミド入り。

しっとり潤ったお肌は透明感があってキレイです。

一緒に綺麗になりましょう。

 

乾燥する季節に使いたい化粧品

セラミド化粧品

保湿はセラミド!

湿度が下がってくるこの季節は、皮膚の角層の水分が蒸発しやすくなっています。

皮膚の水分の蒸発を防いでいるのが、セラミドなどの保湿物質です。

セラミドは表皮でつくられるのですが、年齢とともにその量が減少してお肌が乾燥して、カサカサしたり肌荒れが起こったりします。

お肌の仕組み

このセラミドは「角質細胞間脂質」といい、表皮の角質細胞の間を埋めて水分を保持する働きがあり、保湿効果が絶大なんですね。

なので、乾燥する季節には、保湿効果の高いセラミド入りのクリームや美容液を使うとお肌の水分を保つことができます。

 

ということで、

乾いた肌には、化粧水ではなくセラミドなど保湿成分の入ったものを使います。

化粧水の成分のほとんどが水分です。
つけてもすぐに乾燥してしまうので保湿効果は期待できません。

 

乳液やクリーム、オイルなどで皮膚の水分は守れません

保湿にはセラミドなどの、水分を蓄える働きのあるものが入ったものを選びましょう。

 

 

選ぶ時のポイントとかあるの?

綺麗なお肌

そう、どんなセラミドが入っているかどうかを購入前に確かめたいですよね。

化粧品に含まれるセラミドの表示

成分表示

天然由来のもの

  • ビオセラミド
  • セレブロシド
  • ウマスフィンゴ脂質

動物由来のセラミドで馬から抽出されたものが多い。
人間の角質細胞間脂質と似ており、保湿力が優れている。

 

ヒト型セラミド

  • セラミド1
  • セラミド2
  • セラミド3

酵母を利用したもので、人の皮膚のセラミドとよく似ており保湿力、浸透力に優れ、肌にも優しいのが特徴。

刺激も少ないこれがおすすめ!

 

植物性セラミド

  • 米ぬか

米ぬか油や小麦胚芽油などから抽出したセラミド。

 

合成セラミド

安価で大量生産できるので、よく使われている。効果は上記のものより若干薄いとされる。

 

セラミドは即効性がある

綺麗なお肌とセラミド

セラミドの配合された美容液やクリームは即効性があるのですぐにしっとりとします。

継続して使用することで水分量を保った、潤いのある肌を作ることができます。

今、セラミド入りのクリームなどを使っているのに潤わないって思っているなら、その商品にはセラミドの配合量が少ない可能性があります。

違う化粧品を使って肌に合うものを探してみましょう。

 

40代を過ぎると、セラミド入りの美容液だけでは物足りなく感じることもあるかもしれません。

乾燥が気になるなら、上からクリームなどを重ねて塗りましょう。

 

角質ケア

綺麗なお肌 角質ケア

保湿も大切ですが、角質ケアもぬかりなくしましょう。

ターンオーバーで角質が厚くなってしまった肌に、いくら良い美容液を塗っても浸透しません。

古い角質をピーリングで取り去ると、美容液の浸透も良くなりくすみも緩和されます。

角質ケアをすることで、お肌が持っている本来のセラミドをすこしずつ増やすことができるんですね。

 

セラミドのまとめ

綺麗なお肌 セラミド化粧品

セラミドがお肌の潤いに大切ということがわかりました。

保湿をすることでプルプルのみずみずしいお肌を作れます。

これから乾燥する季節に、このセラミドの配合された美容液やクリームを塗りましょう。

私も、保湿ケアが大切だということがわかりました。

すぐに実行してお肌のぷるるんを実感しようと思います。