美肌によい栄養素って?肌荒れ、かさつきには何を食べると良い?

美肌 食べ物

お肌のカサつき、乾燥はなぜおこるのというと・・・

代表的な原因4つ

  • エアコンや季節によって、空気が乾燥することで、お肌の水分が蒸発しカサカサのお肌になる
  • 加齢によっても肌本来の水分を保湿する力が落ちるため乾燥しやすいお肌になる。
  • 運動不足などで血行が悪くなると新陳代謝が落ちてしまい、肌の潤いが不足してきます。
  • 食事がバランスよく食べれてない状態の時もお肌のコンディションが悪くなります。

 

お肌の乾燥を防ぐ対策!

美肌 食べ物

1.空気の乾燥は、加湿器などで部屋の湿度をあげる工夫をしましょう。

冬場は、エアコンにより部屋の湿度が低下します。
お肌の為には60%の湿度を保ちましょう

75%以上になると過湿気味となり、雑菌が増えてカビが発生します。
加湿計で湿度を確認すると良いですね。

湿度をあげるためには、加湿器や保湿グッズなどを置くなどして湿度保ちましょう。

可愛い電気不要のエコ加湿器もおすすめです。

 

2.加齢による乾燥は、保湿効果のある化粧品を使うことで水分量を保ちましょう。

保湿効果の高いセラミド配合のものを選ぶと良いでしょう

セラミドは角質細胞間脂質で水分を保持する特性がありますので、セラミドを補うことで皮膚のバリア機能を改善しお肌を潤わせます。

 

3.血行不良からくるお肌の不調は、程よい運動を取り入れましょう。

定期的に運動をしている女性のお肌はコラーゲンが多く、若々しいお肌をしていると証明されています。

運動すると成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンはコラーゲンの生成に関わり皮膚の修復をし、若々しく美肌へと導きます。

ウォーキング、水泳、ジョギングなどの有酸素運動は、心肺機能を高めるため血行がよくなることで、体の隅々まで酸素や栄養素が運ばれます。
結果、皮膚細胞の再生を促し、皮膚の修復機能も高まり美肌を作ります。

また、汗をかくことで有害物質を体外に排出し、汗に含まれている保湿成分によりお肌が潤いますよ。

 

4.偏食などでバランスが崩れたためお肌の調子が悪いのなら、お肌に良い食品を積極的に取り入れてみましょう。

下記に一覧でまとめましたので参考にしてくださいね。

 

お肌に良い食べ物、栄養素とは?

積極的にとりたいビタミンと女性の必要量

  • ビタミンB2・・・健康な肌を作り出すビタミン
  • ビタミンB6・・・健康な肌を作り出すビタミン
  • ビタミンA・・・新陳代謝を促すビタミン
  • ビタミンE・・・血行をよくするビタミン

これらのビタミンは肌あれやお肌のカサつきを改善しお肌の潤いやはりをもたらします。

 美肌 食べ物 かぼちゃ

食品に含まれる栄養分一覧

ビタミンB2が多く含まれる食品
1日に1.0mg摂るのが理想

豚レバー 50g 1.8mg
牛レバー 50g 1.50mg
とりレバー 50g 0.90mg
うなぎの蒲焼 100g 0.74mg
牛乳 200ml 0.32mg
カレイ(魚) 100g 0.31mg
ヨーグルト 200ml 0.29mg
納豆 50g 0.28mg
さば(魚) 80g 0.22mg
60g 0.22mg

美肌 食べ物 レバー

ビタミンB6が多く含まれる食品
1日に1.2mg摂るのが理想

本マグロ 80g 0.68mg
さけ(魚) 100g 0.64mg
カツオ(魚) 80g 0.61mg
秋刀魚(魚) 150g 0.54mg
鶏ひき肉 80g 0.54mg
牛レバー 50g 0.45mg
鶏胸肉(皮なし) 80g 0.43mg
さば(魚) 80g 0.41mg
ぶり(魚) 80g 0.34mg
豚ヒレ肉 80g 0.34mg

美肌 食べ物 牛乳

ビタミンA が多く含まれる食品
1日に540μg摂るのが理想

とりレバー 50g 7000μg
豚レバー 50g 6500μg
銀ムツ(魚) 100g 1800μg
うなぎの蒲焼 100g 1500μg
銀ダラ(魚) 80g 880μg
人参 50g 675μg
モロヘイヤ 50g 638μg
牛レバー 50g 550μg
ほうれん草 80g 504μg
西洋カボチャ 80g 475μg

美肌 食べ物 モロヘイヤ

ビタミンEが多く含まれる食品
1日に8mg摂るのが理想

うなぎの蒲焼 100g 4.9mg
ツナ(油漬け缶詰) 50g 4.6mg
子持ちカレイ(魚) 150g 3.7mg
西洋カボチャ 80g 3.7mg
赤ピーマン 75g 2.9mg
サラダ油 大さじ1 2.5mg
モロヘイヤ 50g 2.5mg
アボガド 100g 2.4mg
いか 150g 2.4mg
ブロッコリー 100g 2.3mg

美肌 食べ物 ブロッコリー

どの食品にどのぐらいの栄養素が含まれているかって知らないですよね。

お肌の調子が悪い時は何をどのくらい食べると良いか参考にしてくださいね。

優秀な食べ物は、うなぎの蒲焼!

美肌 食べ物 うなぎ

うなぎはビタミンB2、ビタミンA、ビタミンEがバランスよく含まれています。

疲れた時にうなぎを食べるのは理にかなっているのですね。

お肌にも良い食べ物なので、積極的に食べたい食品です。

ビタミンB6だけが足りないので、それは違う食品から取り入れるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です