お肌のターンオーバーが遅くなる50代はシミができやすいお年頃。しっかりとUVケアをしましょう。

50代女性 シミ 肝斑 老人性色素斑 脂漏性角化症 ターンオーバの乱れ

50代更年期女性のひとみです。

毎日、紫外線対策していますか?

50代にもなるとお肌のターンオーバーが正常に働かなくなってくるんです。
シミができるのもターンオーバーがスムーズに行われていない証拠。

美白化粧品も大切ですが、UVケアをしっかりして紫外線からお肌を守りましょう。

シミを作らないためには紫外線に極力当たらないこと。
これに尽きます。

 

シミってどうしてできるの?

50代女性 シミ 肝斑 老人性色素斑 脂漏性角化症 ターンオーバの乱れ

紫外線が皮膚に当たると、肌を守るためにメラニン色素(色素細胞)が作られます。
これは、人間の体が持っている自衛本能ともいえます。

メラニン色素はとにかく嫌われますが、色素細胞は健康的な肌を維持するための味方なんです。

紫外線から肌を守るために作られたメラニン細胞は、正常なターンオーバーが行われていれば28日で剥がれ落ちます。

50代女性 シミ 肝斑 老人性色素斑 脂漏性角化症 ターンオーバの乱れ

が、しかし・・・

50代にもなると、そのターンオーバーが遅れてうまく剥がれ落ちないという事態に。

落ちきれなかったメラニン色素が皮膚にとどまりシミとなって残ります
そう、古くなった角質が綺麗に落ちきれないというのが問題なんです。

その肌に残ったシミは、紫外線に更に当たると・・・

シミの輪郭が広がって色も濃くなっていきます。
「老人性色素斑」と言われるシミです。

 

更にこの老人性色素斑はそのまま放置し続けると・・・

盛り上がったイボのような「脂漏性角化症」となり美白化粧品などでは取れないシミとなります。

ここまでくると、レーザー治療で取る治療などが必要になってしまいます。
美白化粧品ではもう薄くなりません

ここまでになるまでの対策がとても重要なんです!!

そう、それは保湿と紫外線に当たらないこと。
つまり、紫外線対策をしっかりするということです。

UV効果のあるクリームやファンデーションを塗ったり、帽子をかぶる、日傘をさす等してお肌を守ることが美肌を守るために絶対にしたいことです。

 

シミを作らないためのUVケア

50代女性 シミ 肝斑 老人性色素斑 脂漏性角化症 ターンオーバの乱れ

シミを作らないようにするには、とにかく紫外線をカットするこれに限ります。

肌は子供の頃から浴びてきた紫外線によるダメージが蓄積されています。
若い頃に日焼けをしていた、という人は要注意です。

ちょっとだけと、UVケアをしないでお洗濯物を干したり、
ちょっとだけと、何も塗らないで紫外線に当たると、知らず知らずのうちにジワリジワリと肌の下でシミの予備軍ができてきます。

50代女性 シミ 肝斑 老人性色素斑 脂漏性角化症 ターンオーバの乱れ

近頃の紫外線はオゾン層の破壊で今まで以上に皮膚にとってよくない状態です。
4月から11月ごろまではしっかりUVケアをして気を抜かないようにしましょう。

  • 日常生活では、SPF10~20のPA+
  • 日中にお出かけするときには、SPF20~30のPA++
  • 日中にスポーツや海水浴などするときは、SPF50のPA+++

のものをお勧めします。

紫外線カットの効果が高いものはお肌に負担がかかりますから、使い分けるようにした方が良いですね。

紫外線吸収剤よりも紫外線散乱剤のものの方がお肌に優しいです。
私は紫外線散乱剤のものを選ぶようにしています。

50代女性 シミ 肝斑 老人性色素斑 脂漏性角化症 ターンオーバの乱れ

 

12月〜3月の間も夏よりは少ないですが紫外線は降り注いでいます。
一年を通してUVケアはしておいたほうが良いでしょう。

美白化粧品は予防のためのものです。
できてしまった老人性色素斑のシミは消えません。

シミを作らないためには、とにかく紫外線カット。
UV化粧品、帽子、日傘、長袖などで皮膚を保護しましょう。

紫外線についてはこちらのブログに詳しく書いています。↓↓↓

真夏のUVケア。紫外線がシワ・シミ・たるみをつくる。紫外線のことを知って賢く美白しましょう

シミについてのまとめ

50代女性 シミ 肝斑 老人性色素斑 脂漏性角化症 ターンオーバの乱れ

シミについて色々と調べているうちにわかったこと。

この老人性色素斑や脂漏性角化症は美白化粧品では薄くならないということでした。

美白化粧品で薄くなる可能性のあるシミは、炎症性色素斑や肝斑などです。
私も肝斑は化粧品で薄くなりました。

ちなみに「MIMCの薬用コンシーラ」これ、肝斑にすごく効果がありました。
こちらのブログに詳しく書いています。↓↓↓

MIMCの美白コンシーラがすごい!誰にも教えたくないほど50代女性のシミ、肝斑が薄くなったよ。

 

シミを作らないために必要なこと。
紫外線防止と保湿!この2つをしっかりすることがとても大切です。

この夏、シミを作らないためにしっかりUVケアして美肌をキープしましょうね。

美肌の敵、シミの種類と対策!シミは消せる?!シミ対策まとめ!

シミ 肝斑 シミ対策

アラフィフの私、肝斑やシミなどでお肌の悩みがつきません。

透明感のあるお肌になりたいです。

 

シミと一言で言っても色んなものがあります。

紫外線によってできるもの

・遺伝のもの

・年齢によってできるもの

などなどです。

 

お顔のシミはできれば消したい!ですよね。

それでは、シミ対策!行きますね〜。

 

シミの種類4つ

シミ 肝斑 シミ対策

*老人色素斑

  • 紫外線でできるシミ
  • 形状は、数ミリ〜数センチで丸く茶色のシミ
  • 40代以上の人にはほとんどあるシミ

 

*炎症性色素斑

シミ 肝斑 シミ対策

  • ニキビの跡がシミになったもの
  • 湿疹などの炎症のあとに色素が沈着したもの
  • 熱傷、外傷、虫刺されなどでできたシミ

 

*ソバカス

シミ 肝斑 シミ対策

  • 10歳頃からできる遺伝性のシミで形状は三角や四角など
  • 1ミリくらいのシミが鼻を中心にできる

 

*肝斑

シミ 肝斑 シミ対策

  • ホルモンのバランスが崩れる妊娠中、更年期、ホルモン剤を使った時にできる
  • 頬骨に高いところに左右対称にでるのが特徴
  • 稀に額や鼻の下にできることもある
  • 薄い茶色で太い刷毛で塗ったような大きなシミ
  • 40代に多い

 

シミ対策どうする?

シミ 肝斑 シミ対策

*老人性色素斑の治療

紫外線になるべく当たらないように注意することが大切です。

できてしまったシミはどんな治療法がある?

  • スイッチレーザー治療

 

*炎症性色素斑の治療

炎症性色素はんの治療に有効なものは?

  • Qスイッチレーザー
  • レーザートーニング治療
  • ケミカルピーリング

 

*肝斑の治療

肝斑に有効な治療は?

  • のみ薬
  • レーザートニーング

 

肝斑と診断されれば、皮膚科でお薬を処方してもらえます。

薬局でも購入できますが、皮膚科で処方してもらう方が安いですね。
きちんと診断してもらった上でお薬を飲むのをおすすめします。

トラネキサム酸の成分が多いもの、少ないものなど、その人にあったものを処方されますので、安心です。

 

私も、少し前にトラネキサム酸とビタミンC剤を処方されて飲んだところ、
1ヶ月続けただけで、頰のシミが随分と薄くなりました。

顔色が明るくなってくると、心も明るくなりました。

シミ 肝斑 シミ対策

このトラネキサム酸は止血剤の一種なので、血栓ができやすくなるという副作用が有りますので、長期服用は避けたほうが良いです。

また、漢方薬もあるようなので、皮膚科で相談されると良いかと思います。

 

肝斑を濃くしないために

肝斑は紫外線に当たると濃くなるので、極力当たらないようにしましょう。

また、刺激によっても濃くなります。
皮膚をこすったり、叩いたりは絶対に避けましょう。

皮膚科の先生に、気をつけるように言われました。

 

*ソバカスの治療

治療しても再発しやすいシミ。
治療方法はどんなものがある?

  • IPL治療
  • Qスイッチレーザー治療
  • レーザートーニング治療

 

シミの治療方法を詳しく

シミ 肝斑 シミ対策

●Qスイッチレーザー

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素斑
  • そばかす

 

安全性が高く老人性色素斑を消すことができます。

レーザーを照射した部分が黒くかさぶた状になったあと、1〜2週間ほどで脱落し痂皮とともに色素斑がはがれ落ちます。

はがれ落ちた後は、うっすらとピンク色をしていますが、徐々に落ち着いてきます。

 

そばかすの一つ一つにピンポイントでレーザーを照射し、痂皮を作り、痂皮がはがれ落ちる時にそばかすも一緒にはがれ落ちる治療。

ダウンタイムはあるが、とても綺麗に治ります

 

治療は

レーザーの照射時間は10〜30秒ほど。

だいたい1回の治療で綺麗になる
場合により数回の治療が必要になることもある。

 

費用など

30,000円くらい

 

レーザートーニング治療

シミ 肝斑 シミ対策

  • 炎症性色素斑
  • 肝斑
  • そばかす

弱い出力のレーザーをシミのできた部分になんども照射し、メラニンを少しずつ排出する治療。

痛みもなく、ダウンタイムもないところが良い。

また、くすみ、しわ、毛穴の開きなどの美容効果も期待できます

 

費用など

1回30,000円くらい

5〜10回程度の治療が必要。

 

ケミカルピーリングの治療方法

  • 炎症性色素斑

酸を塗って表面の角質をはがして肌を再生させる

シミが薄くなって、シワの改善にも効果がある。

毛穴の縮小効果のあるのでお肌がツルツルと良い状態になります。

 

費用など

費用は、シミの大きさや病院により違いが有りますが、
1回5,000円くらいから

月1回、5〜10回くり返す治療が必要

 

●IPL治療

  • そばかす

レーザー治療やレーザーよりも照射がゆるいIPL(インテンスパルスドライト)でとることができます。

肌へのダメージが少なく、ダウンタイムもほぼない治療

 

治療は

施術時間は10〜20分程度。

1ヶ月に1度の頻度で5〜10回程度通います。

治療直後からお化粧が可能

 

費用など

1回30,000円くらいから

 

 

お肌の再生の仕組み

シミ 肝斑 シミ対策

お肌は、皆さんご存知のように、
表皮、真皮、皮下組織の3層からなっています。

 

そして真皮はというと、
角質層・淡明層・顆粒層・有棘層・基底層の5つの層に分かれていますね。

表皮細胞はどのように生まれてくるのかというと、
一番下の基底層で生まれます。

生まれた表皮細胞は14日かけて順々に上に上がって、
角質細胞になるんですね。

 

角質層はいつも私たちが触れている皮膚の表面です。
厚みは、たったの約0.02㎜という薄さ。

その薄い角質層は約20枚ほどの薄い細胞が重なり合って形成されています。

この角質細胞は、ここでも14日かけて表面に押し上げられてはがれ落ちるんですね。

シミ 肝斑 シミ対策

お肌は28日サイクルで新陳代謝を繰り返して綺麗なお肌を保っています

 

しかし、年齢を重ねてくるとこの28日サイクルが長くなってきちゃうのです(涙)

おおっ〜。どうすればいいのでしょう。

 

ここで、無理矢理に取り去るのはよくないらしい。

えっ?どうして?ですよね〜。

 

角質が厚くなるのは、弱ってきた皮膚を保護する役目もあるということなんです。

なるほど。自分の体を守っているんだね。

 

新陳代謝をよくするためにもバランスのとれた食事を摂ることがとても大切なんですって。

基底層で元気な表皮細胞を作ることが肝心となります。

タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素のバランスがとれた食事をしましょう。

 

お肌を構成しているのは、タンパク質なので毎日色々な食品からタンパク質を摂るように心がけるようにすると良いですね。

牛乳、大豆、魚などはしっかり毎日食べること。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEも美肌に有効です。

 

美肌になるには、良質な睡眠も大切です。

 

シミ対策まとめ

シミ 肝斑 シミ対策

お肌のシミは出来たらとりたいですね。

レーザー治療も進化していて綺麗に治療ができるようですね。

料金は少々かかりますが、毎日を憂鬱に過ごすなんてことはやめて、綺麗になって明るく元気に生きていくというのも良いことだと思います。

食事にも気をつけて、良質な睡眠で体調を整えることも大切です。

なるべく紫外線に当たらないようにUVケアも必ずしましょう。