紫外線はシミ、シワ、たるみの原因!光老化させないための対策まとめ!

美肌 紫外線予防 シミ、シワ、たるみ

紫外線はとてもお肌にとって危険です。

シミ、シワ、たるみの原因の8割は紫外線とされています。

なるべく紫外線に当たらないように、日焼け止めをしっかりつけてお肌をガードしましょう。

外出時はもちろん、家の中にいても油断は禁物ですよー。

ガラスを通すUB-Aには特に注意が必要です。
ガラスが紫外線を通さないものなら大丈夫ですが、カーテンなどでも紫外線カット機能のものがあるのでそれらを使ったりして、うっかり日焼けを防ぎましょう。

美肌 紫外線予防 シミ、シワ、たるみ

紫外線は3月頃から増え始め、10月ごろまでは肌に影響力がある紫外線がたくさん降り注いでいます。

では、紫外線からお肌を守るためにすべき事、食べ物などを調べてまとめていきますね。

 

シミ、シワ、たるみの原因3つ

  1. 紫外線
  2. ブルーライト
  3. 大気汚染

 

1.紫外線は怖い!

美肌 紫外線予防 シミ、シワ、たるみ

  • UV-Bは日焼け、シミの原因
    (炎症やメラニンを発生させる。メラノサイト)
  • UV-Aはシワ、たるみの原因
    (真皮にある線維芽細胞を破損する。エラスチン・コラーゲン)

紫外線を毎日浴び続けていると、シワ、シミなどの光老化の症状が現れます。

「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」の医学誌に驚くべき写真が載せられています。

28年間トラックの運転を続けてきた男性の顔の左側だけが、ゴワゴワしたシワだらけの顔になっているものです。

皮膚の真皮の部分のエラスチンの構造変化が見られ、裨粒種(ひりゅうしゅ)が認められたという事です。

トラック運転手の写真←はこちらから見れます!

 

紫外線の害がどれほどすごいかということを目の当たりにし、恐ろしいと思いました。日々少しずつ蓄積されていくとお肌はボロボロになります。

室外に置いたままにしてある、プレスチック製のバケツなどに紫外線が当たってひび割れたりしていることがありますよね。それと同じことが皮膚にも怒るということですよね〜。

美肌 紫外線予防 シミ、シワ、たるみ

それを防ぐためには日焼け止めをしっかり塗って、日に焼けないように対策をしなくてはなりません。

対策としては、日焼け止めを塗って、帽子や日傘を使う。
一日中外で作業をするなどするときは、暑いけれど、UVカット機能のある長袖を着るなどしましょう。

UV-Aは冬でも夏の半分くらいの量が降り注いでいます
夏だけでなく、冬もしっかり紫外線対策をしましょう。

 

2.ブルーライトの害!

美肌 ブルーライト シミ、シワ、たるみ

お肌の乾燥やお肌を酸化させて老化の原因となるものに、ブルーライトというのがあります。

ブルーライトとは、スマホやパソコンなどから出ているものです。
毎日使うスマホやパソコンからでるライトでお肌が傷んでしまうのです。

シミの原因になる
ブルーライトの紫外線がUV-Bよりも肌の奥まで届き、シミの原因に。

画面の明るさを暗めに設定するなどして対策しましょう。

 

睡眠障害から肌荒れに

ブルーライトはメラトニンの分泌を減少させてしまいます。
体内時計が狂い、睡眠障害が起きるとされており、睡眠不足から肌荒れなどの不調を招きます。

夜、寝る2時間前にはパソコンやスマホなどを使わないようにしましょう。

 

活性酸素を生成しお肌にダメージを与える

ブルーライトが活性酸素の生成を促し、コラーゲンが減少。シワ、シミ、たるみの原因となり、お肌を老化させます。

 

対策としては、紫外線カット効果の高い下地やファンデーションでカバーできるようです。
パソコンに向かうときもUVカットを忘れずに。
UVカットのメガネを使うのも目からの紫外線カットになります。

 

3.大気汚染もお肌に悪い!

美肌 大気汚染 シミ、シワ、たるみ

 

そして、お肌を傷めるもう一つの要因が、大気汚染です。
PM2.5や花粉などがお肌を荒らせたり、乾燥させたりします。

これはもう避けることのできない害ですね。
なるべく直接お肌につかないようにファンデーションを塗るなどで対処しましょう。

帰宅後は丁寧に洗顔すること。

「私も、花粉症なので春にはスギとヒノキの花粉の時期にはお肌の調子があまり良くないのです。家にいるときもメークは欠かせません」

 

日焼け止めを購入するときの参考に

美肌 紫外線予防 UVケア

  • SPFとはUV-Bを防ぐ指標(30や50などの数値で表示)
    30とはサンバーン(赤みを伴う炎症)発生までの時間を30倍遅らせるということ。50は50倍です。
  • PAとはUV-Aを防ぐ指標(++++で表示)
    +が多いほどUV-Aを防ぐ力があるということ。

 

紫外線からくるシミ、シワ、たるみにはビタミンCを

美肌 紫外線予防 シミ、シワ、たるみ ビタミンC

積極的に摂りたい栄養素

*ビタミンC

シミの予防には、色素沈着を予防するビタミンCをしっかり食べること。
コラーゲンの合成を助けたり、傷やヤケドなどの治りも早くします。

ビタミンCには美白効果があります。
メラニンが作られるのを抑制し、肌に残ったメラニンを還元させる働きをします。

また、日焼けしにくくする作用と、日焼した肌の回復も促進します。

ビタミンCは必要以外のものは尿として排出されてしまいます。
食事の度に取り入れることが肝心です。

抗酸化作用があり美肌には欠かせません。

 

ビタミンCを多く含む食べ物1例

果物

  • いちご
  • アセロラ
  • キウイ
  • パパイア
  • かんきつ類
  • レモン

野菜

  • 赤ピーマン
  • ブロッコリー
  • じゃがいも
  • 菜の花
  • ミニトマト
  • カリフラワー
  • パセリ
  • キャベツ
  • モロヘイヤ

ビタミンCは意外と取り入れやすいと思います。
毎食に何か一つ取り入れるようにしましょう。

 

紫外線はシミ、シワ、たるみの原因まとめ!

美肌 紫外線予防 シミ、シワ、たるみ

紫外線からは毎日の生活の中で避けられないものです。
家の中でも知らないうちに紫外線を浴び、皮膚に浸透していきます。
そしてシミやシワ、たるみの原因に。

それらから身を守るためにはUVケアは欠かせません。
朝起きたら、UVカットの化粧品で保護しましょう。

UV-Cはもっとも危険な紫外線です。
現時点では降り注いでいないようですが、オゾン層の破壊により地上に降り注ぐとされています。

 

食べ物からの予防も忘れずに。
紫外線から美肌を守るための栄養素はビタミンCです!

食品から取り入れられない時はビタミンC剤などで補給するのも良いでしょう。
ビタミンCは過剰に取り過ぎても尿として排出されるので安心してとれますね。

紫外線から体を守って美肌になりましょう。

 

美肌を守る日焼け止めの選び方。紫外線はお肌の大敵!冬でも必ずつけましょう!

美肌を作る栄養素!シワ、たるみ、シミを防ぐビタミンA,ビタミンC,ビタミンEを摂る!

↑↑↑こちらもみてみてね

美肌を守る日焼け止めの選び方。紫外線はお肌の大敵!冬でも必ずつけましょう!

きれいなお肌 日焼け

美肌を守るために冬でも日焼け止めはつけましょう。

夏はつけているけれど、冬は省いているっていう人多いのでは無いでしょうか?

私も、以前はそうでした。

でも、紫外線は冬の間もしっかりと肌に届いているんです。

紫外線はとってもお肌に悪いので、絶対にブロックしましょう。

紫外線はお肌を老化させる

紫外線のイメージ

お肌の老化は年齢とともに進行します。

そして、紫外線を浴びることでお肌の加齢速度がぐんぐん進みます。

なんと、お肌の老化の80%が紫外線の影響によるものというデータがあります。

紫外線のイメージ

UV-A

  • 地上の紫外線の95%を占めるUV-Aはガラスも通過する怖い紫外線
  • 天候や季節に関係なく降り注いでいる
  • UV-Aを浴びると肌の真皮まで到達し、メラニン色素を酸化し肌が黒くなる
  • 肌から吸収された紫外線はDNAや細胞膜に酸化的損傷を与える
  • エラスチンやコラーゲン繊維を変成させる

紫外線のダメージ

UV-B

  • 肌を赤くしヒリヒリとするサンバーンを起こす
  • DNAを傷つけ、繰り返し傷つけられるとがんになる可能性がある
  • UV-Bは波長が短い紫外線でUV-Aよりも1000倍ほど日焼けしやすい
  • メラニン色素を作り、しみ、くすみ、肌の乾燥、ニキビの原因になる

 

一年中欠かさず日焼け止めを塗る

きれいなお肌 日焼け止め

日焼け止めを塗って効果が出るのはどのぐらいの量が必要?

手のひらいっぱいの面積ぐらいの量を塗らないと、パッケージに載っているSPFの数値の日焼け止めの効果はありません。

薄く塗っただけなら、SPF50のものでもSPF10くらいのブロック力しか望めません。

 

パッケージに記載されているSPF値とPA値の効果がきちんと出る量はというと

お肌1c㎡あたり2mg塗った時の数値でかなりたっぷりと塗った状態での効果なんです。

これって結構厚塗りです。しっかり塗りましょう。

また、汗などをかいたら効力が落ちますので、塗り直しを必ずするようにします。

そのまま塗り直さないと、残念なことに日焼けをしてしまいます。

 

日焼け止めの正しい塗り方

きれいなお肌 日焼け止め

日焼け止めは、優しく肌にのせる感覚で塗りましょう。

日焼けしやすい、頬骨、鼻、額には厚めにしっかりと塗って紫外線をカバーします。

顔だけでなく、首まで塗ることを忘れずに。

日焼け止めの塗る量は多めにたっぷりとつけないと効果が半減します。

パッケージに書いてあるSPF値は、皮膚の1平方㎝あたりに2mgを塗った時の値です。((例)1×1㎝に塗った時の値です)

これは、思っているよりもたくさん塗らないといけないようですよ。

 

日焼け止めの選び方

紫外線 UVケア

クリーム、ジェル、パウダー、スプレーなど色々なタイプの商品がありますね。

その中でもお顔に使用するのは、クリームタイプか乳液タイプをチョイスしましょう。

クリームタイプのものはしっかりとお肌に密着するので日焼けしにくくなります。

乳液タイプもしっとりとしたものがおすすめです。

パウダータイプのものは、お化粧直しの時に使うと良いですね。

 

SPF値・PA値はどのくらいのものを使うのが良い?

紫外線 UVケア

SPF値とは、UV-B波をどのぐらい防御するかで表されています。

紫外線を浴びてから、肌が赤くなるまでの時間を日焼け止めを使わなかった時と比較して何倍長くできるかという数値です。

数値が高いほど防御する力が高くなります。

30なら30倍。

50ということは、50倍長くということです。

 

PA値とは、UV-A波の防御効果を表しています。

紫外線のUV-A波がお肌の真皮層まで達しエラスチンやコラーゲン線維を変性させるのを防御する指標となります。

+が多くなるほど防御する力が強くなります。

  • PA+は2〜4倍
  • PA++は4〜8倍
  • PA+++は8〜16倍
  • PA++++は16倍以上

 

どのくらいのものを選ぶといいの?

外出するときはSPF50のPA+++くらいのものを使いましょう。

家にいるときなどはSPF30のPA+++で十分です。

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤どちらがいい?

紫外線 日焼け止めの選び方

敏感肌の人は、紫外線散乱剤を選ぶ方が良いですね。
紫外線散乱剤は紫外線を肌の上で反射させる物質を使用しています。

紫外線吸収剤には、紫外線を吸収する化学物質が含まれています
化学物質が肌の上で化学変化を起こして紫外線の影響を少なくなるというもの。

 

紫外線吸収剤に含まれる化学物質の成分

紫外線A波を吸収する成分として

  • パルソールA
  • メギゾリルSX etc.

紫外線B波を吸収する成分として

  • 桂皮酸
  • オキシベンゾン  etc.

 

紫外線散乱剤に含まれる成分名

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
  • 酸化セリウム
  • カオリン
  • タルク etc.

紫外線散乱剤の方は少し白っぽくなりやすく敬遠されがちですが、
お肌のことを考えると、こちらを選ぶ方が肌の負担が少なくなります。

 

日焼け止めの選び方のまとめ

きれいなお肌 紫外線

冬でも降り注いでくる紫外線はお肌の大敵です。
しわ、シミの予防に日焼け止めは欠かせませんよ。

UVケアをしっかりとして、美肌を作りましょうね。

日焼け止めは、なるべく紫外線散乱剤を選ぶ方がお肌の負担が少なくなり美肌に近づくってこと。
UV商品を購入するときに頭の片隅に置いておいて置くと良いと思います。

では、一緒に綺麗なお肌を守りましょう。