50代女性は内臓脂肪がつきやすくなってくる!?お正月太りに注意!

50代女性 内臓脂肪 お腹ぽっこり ダイエット 筋トレ

50代更年期女性のひとみです。

お正月はどんな風にお過ごしでしたでしょうか?

私は、毎年家でのんびりと過ごしております。

という訳で、おせち料理にお菓子三昧といつも食べ過ぎで後悔しています。

今年も、ダメだと思いながらもテレビを観つつ、ついお菓子に手が伸びてしまいました。

私のようにお正月食べ過ぎたという方もいらっしゃることでしょう。

そこで、今回はダイエットについてまとめてみようと思います。

 

50代の女性は内臓脂肪がつきやすい?

50代女性 内臓脂肪 お腹ぽっこり ダイエット 筋トレ

50代の更年期の女性は内臓脂肪がつきやすいらしい。

そうなんです。

50代をすぎてくると女性ホルモンの働きが衰えてくることで、今までとは違う脂肪のつき方をするんですって。

女性ホルモンが正常に分泌されているときは、皮下脂肪がつきやすい傾向にあります。

しかし、女性ホルモンの減少によりお腹まわりにお肉がつきやすくなるんです!!

そうです。心当たりがありませんか?

なぜだかお腹がポッコリ

 

私も若い時とは違うお肉のつき方に戸惑っておりました。

それもこれも、女性ホルモンの仕業だったのですね。

では、お腹まわりのお肉を減少させるにはどうする?

体操や食べ過ぎないこと。それ以外に何かいい方法があるのでしょうか?

 

50代女性の効率的なダイエット方法

50代女性 内臓脂肪 お腹ぽっこり ダイエット 筋トレ

それは、ズバリ!

食後3時間以内に筋トレをすること。

 

食べたものが内臓脂肪へと蓄積されるのはどうして?

それは、食事で炭水化物(糖質)などを食べると、血液中の血糖値が急激に上昇。

急上昇した血糖値を下げるために膵臓がインスリンを放出し糖分を消費します。

しかし、ここで消費しきれなかった糖分は脂肪へと変化していまします。

そのまま放置していると、この脂肪は中性脂肪となり内臓脂肪へと蓄えられていきます

 

なので、余った糖分が中性脂肪になる前に筋トレをすることがとても大切なんです。

食後3時間以内に運動をすることにより余った糖分を消費し、内臓脂肪になるのを防ぐことができます。

 

食事が終わった後に片付けをするのもいい運動です。

私はお皿を洗いながら、スクワットやかかとの上げ下ろしなどをしています。

これなら、わざわざ運動するって感じでもなく、毎日続けることができるのでいいのではないでしょうか。

ながら体操、ズボラ体操をおすすめします!

 

筋力をつけてダイエット

50代女性 内臓脂肪 お腹ぽっこり ダイエット 筋トレ

痩せるために食べないというのはやめましょうね。

体力が落ちて病気になったり、疲れやすくなります。

また、食べないダイエットはリバウンドしやすいです。

 

筋肉量を保つためにタンパク質はしっかり摂ってくださいね。

お肉やお魚、お豆、乳製品なども適量食べましょう。

糖分の取りすぎは太る原因になりますから、お料理の味付けは薄味にするなど工夫するといいですね。

濃い味付けのものはどうしてもご飯が進みますよね〜。

筋肉をつけることは、体の代謝を上げて食べたもののカロリーをより多く消費する体を作ります。

筋肉をつけると、健康になるだけでなく美容にも良いです。

 

50代にもなるとどんどん体力も気力も衰えてきますよね。

足腰を鍛えて、筋肉をつけることで痩せ体質を作りましょう。

足の筋肉はとても大きいのでスクワットを毎日20回を3セットするだけでも効果があります。

食事の後に「ながら筋トレ」を取り入れてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です