50代の女性におすすめ!味噌を毎日食べましょう。美肌効果や乳がんのリスクも減少します!

50代更年期女性のひとみです。

毎日、味噌汁食べていますか?
私は毎日1杯〜2杯食べています。

味噌は発酵食品なので体に良いということはいうまでもありませんね。

味噌は大豆から作られているので、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンもたっぷり含まれています。

特に更年期の女性は毎日の食事に取り入れるといいと思います。

お味噌を食べるとどう良いのか?を今日はまとめてみますね。

 

味噌が体に良いわけ

50代女性 味噌 美肌 更年期 

皆さんご存知の通り、味噌は大豆と麹、塩を加え発酵させて作られています。

発酵したお味噌は、必須アミノ酸8種類全てが含まれたスーパーフード。
これってすごくないですか?

  • トリプトファン
  • リジン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • スレオニン
  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン

必須アミノ酸は一つでも欠けていると他のアミノ酸では代用できないため、タンパク質の合成ができないのです。

アミノ酸の欠乏は細胞の再生や修復ができなくなり、免疫力の低下の原因にも。

 

お味噌は、遺伝子の異変を抑えるということが研究によりわかってきたとのこと。

遺伝子の変異でガンになります。
そのガンの中でも、乳がんや胃がんを抑制する力があるんですって。

お味噌って素晴らしい〜。

 

味噌の摂取と乳がん・胃がん

50代女性 味噌 美肌 更年期 乳がん 胃がん

乳がん

女性12人に1人が乳がんになる時代
乳がんになる患者が増えていると病院のポスターでみたことがあります。

乳がんは現代の食生活なども関係しているらしい。

2003年に厚生労働省研究班が、味噌汁の摂取が多い人ほど乳がんになりにくいと調査発表しました。

*40〜59歳までの2万人を対象に調査した結果

●1日1杯未満の人よりも
●1日2杯は26%減少
●1日3杯は40%減少

するという驚きの数字が出ています。

 

胃がん

胃がんの発生も女性18人に1人とこちらも多いですね。
あっ、男性はもっと多く9人に1人とか。

1981年、国立がんセンター研究所の平山雄博士によると

毎日味噌汁を食べる人は、時々食べる人、食べない人に比べて胃がんの標準死亡率が低いと発表されています。

 

恐ろしい乳がん・胃がんの抑制効果が期待できるお味噌。
これは絶対に食べた方が良くないですか?

 

お味噌が美肌を作る

50代女性 味噌 美肌 更年期 

「美肌を作る」これも女性にとっては嬉しいことではないでしょうか?
お味噌には抗酸化作用があるので老化を和らげる効果が期待できます。

お味噌に含まれる美容に良い成分

*タンパク質

肌・髪・爪をつくる栄養素。美肌には欠かせない成分
大豆にたっぷり含まれています。

*メラノイジン

抗酸化力がとても強くアンチエイジング力が高い成分。
美肌をつくる、コレステロール値を下げる、腸内環境も改善します。

*サポニン

活性酸素を抑えるので錆びない体を作ることができます。
血行を促進することで、新陳代謝が上がりお肌の隅々に栄養素が届き、肌荒れ・シミ・シワなど改善効果があります。

*ビタミンE

若返りのビタミンといわれるほど美容には欠かせない成分。
血行促進や肌荒れ改善効果で、くすみ、くまなどを改善します。

 

味噌と一緒に食べると効果倍増するもの

50代女性 味噌 整腸作用 美肌 更年期 

味噌+食物繊維

野菜に含まれる食物繊維の整腸作用で便秘解消、
味噌の抗酸化作用により美肌を作ります。

 

味噌まとめ

50代女性 味噌 美肌 更年期 乳がん 胃がん

発酵食品である味噌が健康と美肌に良いことがわかりましたね。

その他の効能として、味噌に含まれるリノール酸と大豆レシチンはコレステロール値の上昇を抑える効果があります。

更年期を迎えた女性はコレステロール値が高くなる傾向にあるので、味噌汁を食べることが健康と美容の面の両方で良いということなのです。

毎日、一杯の味噌汁で元気で綺麗になりましょう!

50代女性が敏感肌用化粧品。ディセンシアの「tsutsumu」つつむを使ってみたリアルな感想!

 

50代更年期女性のひとみです。

わたし、春はお肌の調子があまりよくないのですが、
あなたのお肌はどうですか?

敏感肌の乾燥肌なので、
花粉の季節は特にお肌が荒れたり、くすんだりしやすいです。

敏感肌用のディセンシアのトアリアルキット「ayanasu」、「saeru」、「tsutsumu」と一通り使ってみました。

この「tsutsumu」が最後のディセンシアシリーズです。

 

最後となった「tsutsumu」(つつむ)はこの2つと比べてどうだったのか?を
50代の敏感肌で乾燥肌のわたしが使ったリアルな感想を書きますね。

 

ディセンシアの「tsutsumu」の効果

「tsutsumu」つつむは、自らの輝く力を育むというコンセプトで作られた
ディセンシアのベーシックケア化粧品です。

では「tsutsumu」を使ってみた感想を思ったまま書きますね。

 

tsutsumu」を始めて使った日に感じたこと。

ローションセラムEを手に取る。
トロリとした液状で、ディセンシアの「ayanasu」に似てるかな?

肌に載せてみる。
あっ、やっぱり「ayanasu」と同じような付け心地。

少しお肌に馴染むまでに時間がかかりましたが、
しばらくするとお肌がもっちり、しっとり
ayanasu」とは少し違うお肌のしっとり感です。

「tsutsumu」という商品名の通りお肌が「つつまれている」という感触。

肌にベールを纏うという感じかな。

続いて、フェイスクリームR1は半透明のジェル状。
今まで使った2つのディセンシアのクリームと見た目は同じような感じ。

お肌に乗せると・・・。

あっ、違う!
もったり、という表現でいいのだろうか?

お肌が確かに包まれているような感じがする。

わぁ〜。
お肌が守られているという実感があります。

そのあとの、メークもしっかりとノリはいい!

でもね、ちょっと化粧が厚ぼったくなる感じがある
これはちょっと残念。

わたしは、どちらかというとさらっとした仕上がりが好みなので。

でも、一日経ってもお肌はとてもしっとりとしていましたよ。

 

手につけた残りを手の甲に伸ばしてみた。↓↓↓

お肌がしっとりしてワントーン明るくなりました。

 

ディセンシアシリーズを全部使ってみたけど、3つのシリーズは少しずつお肌の仕上がりの感じが違います。

好みが別れると思いますが、わたしはsaeruが一番使用感が好きでした。

ディセンシアシリーズの化粧品でお手入れしたお肌の調子はすこぶる良く、
毎日鏡でお肌をみるのが楽しみになりました。

 

ディセンシアの「tsutsumu」の成分

ディセンシアシリーズで使われている独自開発された
「ヴァイタルサイクルヴェール」が外部の刺激からお肌を守ります。

  • セラミドナノスフィアがバリア機能の高い角層へ整える
  • ベントナイトが肌表面をぴったりと覆うバリア機能を形成
  • 人型セラミドが角層のすみずみまで浸透し保湿

 

ちょっと気になるのが、合成界面活性剤、合成ポリマーが結構使われていること。

ローションセラムEを詳しくみてみると・・・。

*合成ポリマー

  • ジメチコン
  • PEG-30
  • シクロペンタシロキサン
  • カルボマー
  • ポリアクリル酸Na
  • (グリセリン/オキシプチレン)コポリマーステアリル

*合成界面活性剤

  • 水添レシチン
  • オレイン酸ポリグリセリルー2
  • ステアリン酸PEG-150
  • ステアリン酸グリセリル

などが使われています。
これは気になる人もいるかな?

 

わたしも気になる人なので、成分を調べて安全性を色分けして見ました。

黄色は微妙な感じ
青色は安全なもの

黄色についてはほぼ安全とされているものと理解しました。
青色は安全性には問題なく使える成分になっていました。

というわけで、ほぼ安全性の高いものを使った化粧品と認識しました。

 

ディセンシア化粧品

ディセンシアはポーラ・オルビスグループの敏感肌専門の化粧品ブランドです。

敏感肌の人が安心して使えるように、肌の刺激になる

  • アルコール
  • 合成香料
  • 紫外線吸収剤

は使っていません。

 

安全性テストをクリアしたものだけを消費者へ。

ディセンシアの化粧品は自社グループ(ポーラ)の工場で製造

厚生省の告示や文献、80年以上の蓄積された研究データを組み合わせた
厳しい安全性基準を設定しています。

ディセンシアは皮膚科医の立ち会いのもとでアレルギーテストを実施。
品質第一に考えられた化粧品です。

 

ちょっと気になる成分は入っているけれど、特にヒリヒリとか痒みもなく、
わたしのお肌の調子はよかったです。

ただ、化粧のノリがもう一つよくなかったというか、
重すぎてもったりしてしまいました。

ご参考になれば嬉しいです。

ディセンシア つつむ トライアルセット
税込の送料無料で1,470円でした。