スイス発のクラプロックスの歯ブラシ!未体験の気持ちよさです!YouTube動画あり!

50代女性のひとみです。

ここしばらく歯のことについて色々調べていたところ気になる歯ブラシを見つけたので早速購入して使ってみることにしました。

50代女性 クラプロックスの歯ブラシ 歯周病予防に

スイス生まれのオーラルケア「クラプロックス」

商品が到着して早速使ってみました。
いつものようにくるくる歯と歯茎をマッサージするように歯磨き!

歯茎に当たる感じがとーっても優しい感触。
なんだろうこの感じ・・・。

歯ブラシ一つでこんなに気持ち良さが違うのだと驚きました。
何が驚きなのかというと、歯ブラシの毛の絶妙な弾力性。

この絶妙な弾力が歯と歯茎を優しくブラッシングすることで今までにない心地よさを感じました。

ずーっと磨いていたくなるような感じなんです。
どう説明していいのかわからないのですが、もうほんと一度使ってみて〜と言いたいです。

YouTube動画もみてね〜

 

クラプロックスの歯ブラシの特徴

  • MADE IN SWITZERLAND
  • CUREN繊維が使われている
  • 歯ブラシ1本に7600本

歯ブラシに使われている毛の材質が他にはないもの。
自社開発ポリエステルのCuren®繊維(クーレンファイバー)という特殊なものを使っています。

この繊維の特性なのか絶妙な弾力があります。

ブラッシングはいつもの歯ブラシの1/3の強さでいいんです。
本当に優しくやさしーく歯と歯茎ブラッシングしてみてください。
すごく気持ち良いです。

そして植毛されている毛の本数がすごいの。
私が購入したSmartというコンパクトタイプのものにはなんと、7600本もの毛が埋め込まれています

50代女性 クラプロックスの歯ブラシ ヘッドの大きさ比べた写真
今まで使っていた歯ブラシと大きさを比べてみました。
かなりヘッドが小さくて毛が密に詰まっていることがわかります。

この毛の蜜が独特の気持ちよさを作っていると思います。

クラプロックスの歯ブラシは上手に使えば3ヶ月は持つとのこと。
押さえつけないように優しく磨くことで毛が長持ちします。

 

歯ブラシの硬さも色々あります。
普通〜超柔らかめまでお好みで歯ブラシを選ぶことができます。

私が選んだのは超柔らかめのもの
これしか使っていないので他のものはよくわかりませんが、この超柔らかめという歯ブラシ、すごく気持ち良いです。

普通のものは毛の量が少なく毛が太くなっています。
超柔らかめのものは毛量が多く毛が細い仕様です。

わかりやすく表にしてみました。

 毛の硬さ 毛の本数 毛の細さ
 普通 1560本

3960本

0.15㎜

0.12㎜

 柔らかめ 5460本 0.1㎜
 超柔らかめ 7600本 0.08㎜

柔らかめのものは普通のものの約半分の細さですね。
わたしはこの柔らかめの歯ブラシがすごく気に入りました。

今までに体験したことのない気持ちよさです。
ぜひあなたも体験してみてね。

クラプロックスは歯間ブラシやフロス、舌のケア商品なども販売されていますよ。
公式ホームページからとアマゾンから購入できます。

 わたしはアマゾンで購入しました!



昨日まで磨けなかった隙間に「クラプロックス」

*歯ブラシのお値段

歯ブラシは1本約1,000円

*送料(CUROPROXで購入の場合)

  • 5,500円以上の購入で送料が無料
  • ネコポスだと280円

*定期便は送料無料

最後まで読んでいただきありがとうございました。

〜歯に関するブログ〜

お口の健康が体の健康へ繋がる!歯周病は放っておかないで!体を蝕む怖い「歯原性菌血症」はとっても危険!

ロイテリ菌で歯周病予防!免疫力を強化する乳酸菌!胃がん予防や口臭予防にも効果が期待できるって本当?!YouTube動画あり!

50代女性の80%が歯周病!歯周病が原因で認知症?毎日のお口のケアで健康と脳の老化をストップ!

50代女性の8割以上が歯周病?!知らないうちに進行する歯槽膿漏。健康な歯茎はピンク色!

アルツハイマー型認知症と歯周病の関係!歯が健康だと認知症になりにくいって本当?!80歳で20本の歯を残そう。

50代女性のひとみです。

このブログを読んでくださっているあなたは認知症にかかりたくないですよね。
私も認知症にはなりたくありません。

しかし、2025年には65歳以上の人の5人に1人が認知症になると言われています。

怖いですよね。

なりたくないと言ってもなってしまう可能性があるんですよね。
真剣に認知症に向き合っていかないといけないなと思います。

50代女性 認知症予防 歯周病と認知症の関係

認知症になりやすい人、なりにくい人というのがいます。

どういう要因なのかというと病気の有無、歯の状態など色々。
その中でも、歯はとても重要と言われています。

認知症と歯の関係。
認知症になっていない人は歯が健康との報告があります。

 

65歳以上の健康な人の調査において

50代女性 認知症予防 歯周病と認知症の関係について

20本の歯がある人と歯がない人とを比べると
歯がない人の認知症の発症リスクが1.9倍にもなるとの結果報告。

自分の歯が20本以上ある人は認知症を発症しにくいとのこと。
義歯を入れている人も大丈夫。

きちんと食べ物を噛めるというのがとても大事。

歯が抜けたままにしている人の認知症リスクがとても大きいという結果に。
これは、きちんと食べものが噛めないことが関係しているようです。

 

歯がないことで起こること

歯がなくなると、柔らかいものを好んで食べるようになります。
するとどうなるかというと・・・

*噛む回数が減る。

噛むことで脳の記憶を司る細胞に刺激が伝わるようになっています。
噛む回数が減ると記憶力が低下します。

*歯周病から体の不調。

歯を失う時に歯周病になり歯周病菌が血管に侵入。
歯周病菌が体全体に巡り様々な不調を招きます。
脳に歯周病菌が侵入するとアルツハイマー型認知症を招くことに。

アルツハイマー型の認知症の患者さんの脳から歯周病菌が検出されたという報告もあります。

*栄養素が十分に取れなくなる。

硬いものが食べられなくなるために、栄養が偏るようになります。

 

20本の歯を残すためにしたいこと

20本の歯をできるだけ残すには

  • 食後の歯磨き。
    歯と歯の間の食べ物かすが残らないようにしっかりブラッシング。
  • 定期的に歯医者で歯石を取ってもらう
  • 食べ物をよく噛んで食べる
  • 食べるものはキシリトール入りのものを選ぶ
  • 甘いものを控える
  • 喫煙はしない
  • 舌の掃除

お口の健康を守るために食後の歯磨きを毎日の習慣に。
歯間ブラシやフロスも使って歯と歯ぐきの境目の食べかすもしっかり取り除きましょう。

50代女性 歯周病予防に歯磨きをしっかり 歯間ブラシを使って

舌の掃除も忘れがちですが舌には細菌がたくさん棲んでいます。
舌が白くなっていたら要注意!

喫煙もよくありません。
喫煙をすると歯肉の血流が悪くなり、血液に含まれる免疫細胞の働きが弱くなります。歯周病菌が増殖しやすい環境になってしまうんです。
血流が悪いために出血が起こりにくく、歯周病の発見が遅くなり気付いた時には歯周病が進行している場合があります。

 

お口の中の細菌

50代女性 認知症予防 口内フローラ

お口の中にはたくさんの細菌がいます。
その種類は700種とも。

歯の表面、歯と歯ぐきの境目、舌になんと、約100億個の細菌がいるとのこと。
これは口内フローラと呼ばれたりしています。
お口の中にお花畑のように細菌がいっぱいいるんですね。

腸内フローラと同じように善玉菌、悪玉菌、日和見菌が棲んでいます
腸内と同じ様にお口の中の菌も7割くらいが善玉菌と日和見菌で構成されているのが理想です。

残りの3割の悪玉菌が虫歯や歯周病の原因となります。
虫歯菌で有名なのが「ミュータンス菌」と呼ばれるもの。
聞いたことありますよね〜。
他にも悪玉菌はたくさん棲んでいます。

お口の中の悪玉菌を増やさないように歯磨きしましょうね。

お口の健康を守るロイテリ菌についてのブログもみてね〜!
ロイテリ菌で歯周病予防!免疫力を強化する乳酸菌!胃がん予防や口臭予防にも効果が期待できるって本当?!YouTube動画あり!

最後まで読んでいただきありがとうございました。