空腹が若返りの秘訣!50代女性の健康と美肌のために腹7分目を!

50代女性におすすめ 空腹 若返り 美肌 健康

50代更年期女性のひとみです。

今回は空腹が綺麗と健康を作るということにスポットを当ててみたいと思います。

お腹いっぱいに食べること、お腹が空いていないのに食べることがお肌や健康に悪いのか?を追求していきます!

では、空腹が若返りの秘訣!いきますね〜。

 

空腹になると長寿遺伝子がONになる!

50代女性におすすめ 空腹 若返り 美肌 健康 長寿遺伝子

空腹感を感じることってありますか?

お腹がグーっとなって恥ずかしい思いをしたことありますよね。

その、お腹がグーっとなることが綺麗にとても大切なんですって。

 

空腹になると「長寿遺伝子、サーチュイン遺伝子が活性化します

サーチュイン遺伝子は、老化やガンの原因になる活性酸素を除去してくれるんです。

すごいです!

空腹になるだけでいいのですよー。

 

お肌にもいいことが起こります。

空腹はシワ・シミを防止します。

そして、脂肪が燃焼し始めます。(痩せる!)

動脈硬化や糖尿病の予防。
さらには認知症の予防効果もあるそうです。

50代の女性には嬉しいことがいっぱいですね。

50代女性におすすめ 空腹 若返り 美肌 健康 長寿遺伝子

金沢大学医科大学の古家大祐教授の報告によると・・・

通常の食事を25%カロリー制限した食事を3週間続けることで、長寿遺伝子が活性化する!!という素晴らしい結果報告があります。

 

なので、腹7分目というのがとても大切なんです!

甘いものや食べ過ぎると、インスリンの分泌が多くなるのですが、

そのインスリンがなんと、長寿遺伝子の働きを抑えるのだそうです。

 

今日から綺麗と健康のために腹7分目を実践しましょう!

 

空腹時にはオートファジーが働く

50代女性におすすめ 空腹 若返り 美肌 健康 長寿遺伝子

また、空腹感を感じるとオートファジーが働き始め、細胞内に溜まった不要物(ゴミ)を回収します。

「オート」とは自分のことで「ファジー」は食べるということ。

細胞が自分の一部をを分解し栄養源としてリサイクルすることなんですって。

 

空腹になると、自分の体のメンテナンスをするんです!

  • 細胞内の浄化作用
  • 神経変性抑制作用
  • 腫瘍発生抑制作用
  • 細胞内のメンテナンス機能の向上

これにより、ガンや白内障のリスクが低下します。

人間の体ってすごいです!
自分の体をちゃんとメンテナンスしているんですね。

空腹は健康と若さを作ります
だらだらと食べるのは今日からやめましょう。

 

空腹時には成長ホルモンの分泌が増える

50代女性におすすめ 空腹 若返り 美肌 健康 成長ホルモン

さらに空腹感を感じることで成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンが分泌されると、お肌や筋肉、骨を修復したり、脂肪を燃焼させる嬉しい効果がみられます。

さらに、免疫力もアップし、風邪やインフルエンザなどにもかかりにくくなります。

成長ホルモンの分泌は20代がピークで、30代から徐々に減少します。

空腹になるだけで成長ホルモンが分泌するんです!
空腹で健康と美を手に入れましょう。

 

空腹睡眠で成長ホルモンが分泌される

50代女性におすすめ 空腹 若返り 美肌 健康 睡眠 成長ホルモン

どこでも食べたい時に、コンビニなどで食べ物が手に入るこの時代。
空腹感を感じることはなかなかなくなってしますよね。

 

若返りのホルモン!
成長ホルモンをもっともっと分泌させたいなら、睡眠にも気をつけましょう。

 

夕食は起床後12時間以内に食べるように。(遅くとも14時間以内が理想)

例えば、朝の7時に食べたら夜の19時までには食べるということですね。

そして、寝る3時間前には食べないこと。

これは絶対にやめましょう。

胃に食べ物が残っていると、胃腸が休めないので質の良い眠りが得られません。

 

また、空腹状態で寝ると脂肪が燃焼しダイエット効果もあるんです。

今日から、健康と美のために空腹の状態で眠りましょう。

 

空腹が若返りの秘訣のまとめ

50代女性におすすめ 空腹 若返り 美肌 健康 長寿遺伝子

空腹が美と健康を作るということがわかりました。

食べ過ぎは、良いことは何もありません。

かといって、食べないのもよくないのでその辺はきちんと栄養のあるものをしっかりと食べてくださいね。

糖分を控えめに、お野菜やタンパク質はしっかりと食べましょうね。

食事は腹7分目。ぐーっとお腹がなるまで食べるのを我慢してみましょう。

では、一緒に健康で綺麗になりましょう。

足を鍛えると若返りの成長ホルモンが出る!足の筋肉を増やして健康美人に!

足を鍛える 成長ホルモン 健康美人

健康に気遣っている人は何かしら運動をしていますね。

私も週に一度ですが、整美体操というのに通っています。
体幹を鍛えて美しくなるという体操です。

体操に通う時間がないという方もいますよね。

でも、足を鍛えるのはどこでもいつでもできちゃいます。
お風呂上がりでもいいし、歯磨きをしながらでもいいんです。

とにかく、足に筋肉を付けることで若返り健康になります。

どんなことをすればいいのかまとめてみましたので、一日5分でもいいので毎日コツコツと続けてみましょう。

 

足を鍛えると若返るわけ

足を鍛える 成長ホルモン 健康美人 若返る

「老化は足から」とか、「足が弱ると老化が進む」と言ったことを聞いたことがありませんか?
脚の骨折は命取りとも言われますね。

筋肉量は30代半ばが最大で、以降どんどん減少していきます。

でも、安心してください!

筋肉は運動することで増やすことができます

足を鍛えるようなやや強めの運動をすることで、若返りホルモンと言われる成長ホルモンの分泌を増やすことができます。

 

運動にプラスして成長ホルモンを促す食品を食べることで効率よく筋肉を付けることができます。

運動+食べ物=筋肉増加

成長ホルモンを促す食品は、アミノ酸です。
次の成分が入った食品を選んで食べたり、サプリメントで補給すると良いですね。

  • アルギニン
  • オルニチン
  • メチオニン
  • グルタミン

 

足を筋肉を増やす運動

足に筋肉を付ける簡単な運動をご紹介しますね。
この中から一つだけでいいからコツコツ続けてみてください!

●30分程度の速歩でのウォーキングを毎日続ける

足を鍛える 成長ホルモン 健康美人 若返る ウォーキング

●反復つま先立ち運動

足を鍛える 成長ホルモン 健康美人 若返る つま先立ち運動

両足のかかとを上げて30秒静止→かかとを下ろして30秒を5回繰り返す。

 

●かかとの上げ下ろし運動

両足のかかとを上げ下ろしを20回を3回繰り返す。

 

●反復つま先立ち運動の片足バージョン

片足のかかとを上げて30秒静止を片足ずつ順番に2回〜3回繰り返す。

 

●かかとの上げ下ろし運動を片足バージョン

片方の足だけで上げ下ろしを20回を2回〜3回繰り返す。

 

●ダイエットスリッパで生活す

足を鍛える 成長ホルモン 健康美人 若返る ダイエットスリッパ

 

どれか一つだけでもいいので長く続けることが肝心です。
家の中でできる反復つま先立ち運動は天気に関わらずできるのでおすすめです。

 

「つま先立ち運動は歯磨きをしながらでもできますね〜。ダイエットスリッパも履いているだけでつま先立ちになるからそれで運動していることになるのね。ダイエットスリッパは知ってたけど履いたことなかったわ。これは使えるね〜」

 

足の筋肉が衰えるとどうなる?

足を鍛える 成長ホルモン 健康美人 若返る

足の筋肉が衰えると血行が悪くなり、次のような症状が出ます。

  • 冷え性(足のむくみ)
  • 内臓の働きが弱くなる(体温の低下により)
  • 体調不良(疲れやすい・風邪をひきやすい・不眠症など)
  • 頭の働きが低下(認知症など)
  • 免疫力の低下(リンパ液の流れが悪くなる)

 

太ももは「第2の心臓」とも言われ、下半身の筋肉の収縮・弛緩により下半身の毛細血管まで送られてきた血液を心臓へと送り返すことをしています。

つまり、下半身の筋肉は静脈の血液を上半身に押し上げる役割を担っています。

 

足の筋肉は大脳を覚醒させる働きもあります。
ボケ防止にも一役買っているということですね。

 

足を鍛えると若返るのまとめ

足を鍛える 成長ホルモン 健康美人 若返る

足腰が丈夫な人ほど若々しいということですね。

若々しさには成長ホルモンを分泌させるというのがとても大切。
毎日、通勤時には一駅歩くとか、歯磨きタイムに足の上下運動をするなどを日常に取り入れると続けやすいですね。

私も、歯磨きタイムはスクワットや足の上下運動をしていますよ〜。

足の筋肉が増えることは、ボケ防止にも良いということなので、足を積極的に鍛えるようにしたいと思います。

元気に若々しく歳を重ねていきたいとしみじみ感じる今日この頃です。

一緒に元気に綺麗になりましょう〜。

毛細血管が若さの秘訣!ゴースト血管を防いで美肌に!しみ、シワ、たるみも改善

毛細血管 若さの秘訣

先日、NHKで毛細血管を増やして若返る!というのをやっていましたよね。

毛細血管のすごさに改めて感動〜、驚きました。

若くても少なくなってしまっている人、年齢に関係なく中年の方でも毛細血管が健康的にある人もいました。

私もそのテレビを観てから、毛細血管のことをもっと知りたくてちょこっと調べることにしました。

アンチエイジングにも関わってくる毛細血管。
毛細血管を増やして、若々しく、美肌でいたいです。

さて、どのようなことが良いことなのか、良くないのかをまとめました。

一緒に綺麗になりましょう〜。

 

毛細血管のこと

毛細血管 若さの秘訣

全身にはりめぐらされている血管の99%が毛細血管です。

毛細血管の働き

  1. 酸素を届け、二酸化炭素を回収する
  2. 栄養素を届け、老廃物を回収する
  3. ホルモンを運び、情報を伝える
  4. 血流をコントロールして体温調節をする
  5. 病原菌などの外敵から身を守る

 

心臓から出た血液は動脈から全身の毛細血管を通して、酸素・栄養素・白血球(免疫細胞)・ホルモンを運びます

そして毛細血管が不要になった老廃物や二酸化炭素を回収し静脈から心臓へ戻ってきます。

血液は心臓から送り出されて全身をくまなく巡り、再び心臓に戻ってくるまでの時間は、20秒〜1分程度ということです。

私が思っていたより、短い時間でした。

 

毛細血管が減少(ゴースト血管)すると?

毛細血管 若さの秘訣

毛細血管が減少(ゴースト血管)すると、体やお肌に不調が現れます。
毛細血管は、40代くらいから徐々に減少。また、加齢により劣化します。

体の不調

  • 胃腸・・・胃もたれ、胃腸炎、胃潰瘍、便秘、下痢
  • 脳・・・・記憶力の低下、認知症
  • 腎臓・・・高血圧
  • リンパ・・むくみ、風邪を引きやすくなる、アレルギー症状

 

お肌の変化

毛細血管が減少、劣化すると酸素や栄養が真皮層に届かなくなる

表皮の細胞の新陳代謝がスムーズに行われなくなる

シミ、シワ、たるみ、などお肌が劣化する

 

「お肌は内臓の鏡」です。

肌年齢が若い人、若く見える人は血管も若いと検査の結果が出ています。

 

美肌のために毛細血管を修復・再生

毛細血管 若さの秘訣 質の良い眠り

「成長ホルモン」をたくさん分泌させる

アンチエイジング・ホルモンと呼ばれる「成長ホルモン」で老化を食い止めましょう

さて、どうしたら良いのでしょう。

この「成長ホルモン」は、ノンレム睡眠しているときに多く分泌されます。

寝入ってから3時間がとても大切です。

この時間に出た「成長ホルモン」が全身の細胞を修復し、新陳代謝を活性化、免疫力を向上させます。

成長ホルモンが毛細血管を通じて全身にくまなく運ぶためには、7時間の睡眠が必要。

7時間睡眠は健康長寿にも繋がります
若さを保つために早寝、早起きを実行しましょう。

 

毛細血管 若さの秘訣 質の良い眠り

「睡眠ホルモン」をたくさん分泌させる

血管のサビをとる「メラトニン」

強い抗酸化作用で体の酸化(サビ)を取り除きます。

メラトニンの分泌を止めるために朝日を浴びましょう。
光の情報が目から入り脳へと伝達し体内時計がリセットされ体が覚醒します。

 

「メラトニン」も「成長ホルモン」と同じアンチエイジング・ホルモンです。

この「メラトニン」が分泌されるのは、朝日を浴びた15〜16時間後です。

朝、6時に起床すると夜21時ごろから分泌が始まります。

23時に眠ると、「睡眠ホルモン」が「成長ホルモン」の分泌を促進し、ダブルの効果でアンチエイジングが期待できます。

というわけで、できるだけ23時ごろに寝るのが美肌を作るためにも、健康のためにもおすすめというわけです。

 

毛細血管が若さの秘訣!まとめ

毛細血管 若さの秘訣

毛細血管を若々しく保ち、減らさないためには、質の良い眠りが大切です。

アンチエイジング・ホルモンをたくさん分泌させるために、朝日を浴びて23時ごろに就寝。6時に起床。というリズムを守ることで美肌を作れます。

生活習慣も大切です。

  • 暴飲暴食はしない。
  • 規則正しい食事。(一日3食。腹7分目が理想)
  • 適度な運動をする。(ウォーキングなど有酸素運動)
  • 色々な色の食品を食べる。(ファイトケミカルを意識して食べる)
  • 低GI食品を選んで食べる。(血糖値を急上昇させない)
  • 入浴は42度のお湯に10分。(免疫力強化するタンパク質が増える)

番組の中でスキップを1日3回、20回すると良いと言ってましたね。
とっても簡単なので、早速毎日スキップしていますよ。

健康な毛細血管のためにできることから始めてみましょうね。

早寝早起き習慣で一緒に美肌になりましょう。

 

早寝早起きが美肌を作る!午後10時に就寝

↑↑↑
こちらも合わせてみてみてね