美容と健康に発酵食品の味噌!小泉麹屋の「簡単仕込み手作り味噌キット」を使って手作り味噌を作る!仕込み方をYouTubeで紹介!

突然ですが手作りのお味噌を作ってみませんか?
寒い冬の今が仕込み時です。

味噌を仕込むのって大変じゃない?と思いますよね。
はい、大豆から煮て作るととてもとても大変です。

でも、大変じゃない味噌作りもあります!!

私が今回仕込んだお味噌は小泉麹屋さんの
「簡単仕込み手作り味噌キット」というものなんです。

簡単仕込み味噌の手作りキット
こんな感じで大豆が潰された状態で届きます。

この簡単味噌キットを使うと美味しいお味噌が簡単に作れちゃうんです。
わたしは小泉麹屋さんの手作りお味噌のセットを使って10年ほど作り続けています。

2年前までは自分でお豆から煮込んで作っていたのですが、この簡単味噌キットを一度使ってみたら、簡単で美味しい!

というわけでひとみおすすめの「簡単仕込み手作り味噌キット」をご紹介したいと思います。

 

小泉麹屋の簡単味噌キットを使った味噌作り

小泉麹屋さんの箱

今回わたしが購入した「簡単仕込み手作り味噌キット」は潰した大豆と塩が混ぜているものと麹がセットになっているものです。

なので、大豆を一晩水につけて大豆を煮て、大豆を潰すというとても大変な作業がいりません!!

実は、大豆を煮て潰す作業がとてもとても大変なんです。

その大変な作業をしなくていいのであっという間にお味噌が仕込めちゃうのね。
本当に簡単に手前味噌が作れますよ。

 

用意するものと作業の手順

小泉麹屋さんの味噌キットと仕込みの準備写真

  *用意するもの

  • 味噌簡単キット
  • 混ぜる大きめの容器(たらいなどが作業しやすい)
  • 仕込む容器(大きいタッパーなどでも)
  • ラップ
  • 塩蓋用の塩
  • 新聞紙
  • 消毒用のお酒など(パストリーゼ77がおすすめ)
  • 使い捨ての手袋(なくてもOK)

簡単手作り味噌仕込みキットの写真

  *作業の手順

  1. 混ぜる容器を消毒。
  2. 消毒した容器に麹を入れます。
  3. 大豆と塩が混ざったものを上から入れます。
  4. よーく混ぜます。この時空気を抜くように押さえつけるように混ぜましょう。
  5. しっかり混ざったらお団子にします。団子はしっかり空気を抜くようにギュギュッと握りましょう。
  6. お団子を容器に入れていきます。この時も隙間がないようにギュギュッと押し込めていきます。グーを作って上から抑えるようにするといいですね。
  7. 全部容器に入れたら表面を平らにしましょう。
  8. 容器が汚れているとカビの原因になります。消毒液でしっかり拭いておきましょう。
  9. 味噌の上にラップを密着させるようにして蓋をします。
  10. ラップの上に塩を入れた袋を乗せて塩蓋にします。
  11. タッパの場合はこれで完成。壺などに入れた場合は上から新聞紙でさらに蓋をします。
  12. 仕込み終了!9月の中旬まで食品庫などで保管します。
  13. 9月中旬になったら美味しいお味噌ができあがり。表面にカビが生えていることがありますが、カビの部分だけこそげて捨てます。

味噌が出来上がったの写真
出来上がったお味噌はこんな感じです。

YouTubeの味噌の作り方もよければ観てね〜。
これを観ていただくとわかりやすいと思います。

小泉麹屋さんのHPはこちらから

 

手作り味噌のいいところ

味噌びらきした味噌

手作り味噌は何が入っているのかがわかるのがいいですね。

添加物一切なしで安心。
麹と塩と大豆だけしか入っていない。
わたしにとってはこれが一番かな。

そして何より手作りのお味噌は美味しいです!
一度作ったらもうやみつき(笑)

自分で仕込んだお味噌は格別ですよ。
手作りのお味噌が食べられることに家族も喜んでくれます。

主婦として鼻高々〜になれることまちがいないです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

50代の女性におすすめ!味噌を毎日食べましょう。美肌効果や乳がんのリスクも減少します!2019年9月13日

池上淳子さんの美容栄養学講座「日本の味 味噌」発酵調味料のチカラ*美の法則に参加しました。