失敗しないシャンプーの選び方!お肌を傷めている原因はシャンプーかも?!

シャンプーの選び方 アミノ酸系シャンプーがおすすめ

シャンプー、どんなものを使っていますか?

お店に行ってシャンプーのコーナーに行くとたくさん並んでいて、どれを買おうか悩みますね。

パッケージで選んでいませんか?

どのような成分が入っているのか中味をよくみてから購入しましょう。

シャンプーはお肌に悪いとされている合成界面活性剤がとてもたくさん含まれています

できるだけ、お肌につかないようにするのが美肌を守る秘訣です。

では、どんなシャンプーを選べば良いのか?をテーマに、
今回はまとめてみますね。

 

シャンプーの選び方

シャンプーの選び方 

避けたいシャンプー

次の成分が入っているものは、洗浄力が強く刺激が強いシャンプー。

合成界面活性剤の入ったものは敏感肌の人は特に注意。
皮膚炎や抜け毛の原因になることもあります。
よーく成分をみて購入しましょう。

シャンプーの選び方 

 

石油高級アルコール系の合成界面活性剤

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸カリウム
  • ラウレス硫酸na
  • ラウレス硫酸TEA
  • オレフィンスルホン酸Na

 

とにかく「硫酸」の成分が入っていたら避けましょう。

 

選びたいシャンプー

シャンプーの選び方 アミノ酸系シャンプーがおすすめ

 

カルボン酸系

洗浄力は高め。
オイリーな人向け。

頭皮や髪に優しい

  • 〜カルボン酸Na
  • 〜酢酸Na

このような成分表示になっています。

 

シャンプーの選び方 アミノ酸系シャンプーがおすすめ

 

タウリン系

洗浄力高めだけれど、皮脂を落としすぎない。
天然成分由来で頭皮や髪に優しい。

  • 〜タウリンNa

 

シャンプーの選び方 アミノ酸系シャンプーがおすすめ

 

アミノ酸系

低刺激・低洗浄力で頭皮や髪に優しいシャンプー。
おすすめしたい成分。

  • ココイルアラニンTEA
  • ココイルグルタミン酸TEA

 

*ココイルとはヤシ油から抽出した脂肪酸のこと。

 

*アラニン

  • キューティクルを開かないようにする作用あり
  • 頭皮のバリア機能を高める働きあり

*グルタミン酸

  • アミノ酸の合成を助ける働きあり
  • 髪の毛の傷んだ部分を補修し整える働きあり

 

私はちなみに、フラガールの「リッチシャンプー」を使用しています。
コンディショナー、トリートメントをしなくても軋みませんのでおすすめです。

シャンプーの選び方 アミノ酸系シャンプーがおすすめ

ベタイン系

刺激や洗浄力が弱く皮膚の弱い人にも使える優しいシャンプー。

  • ラウラミドプロピルベタイン
  • コカミドプロピルベタイン

 

シャンプーの方法

シャンプーの選び方 シャンプー方法

シャンプーをするとき、下向いて洗っていますか?

それとも、上を向いて顔にシャンプーがかからないようにしていますか?

私は、少し前まで下向きでシャンプーをしていました。

ある本に、シャンプー液が顔に付くとよくないということが書いてあり、それを読んでから私は上向きシャンプーを実践しています。

 

シャンプーの選び方 アミノ酸系シャンプーがおすすめ

そう、考えてみれば頷けるのよね。

シャンプー剤は洗浄力があるのでなるべくお顔に付かないほうが良いと私も思います。

トリートメント剤も地肌になるべく付かないように髪の毛だけに付くようにしましょう。

 

シャンプーのまとめ

シャンプーの選び方 まとめ

シャンプーって香りとか、パッケージとか、CMのイメージで選んでしまいがちですね。

とりあえず、合成界面活性剤の入っていないものを選ぶようにすれば間違いないかな?と思います。

あと、洗浄力の強さは、頭皮の状態に合わせて選ぶということ。これ大事です。

強すぎる洗浄力のものは頭皮(お肌)も乾燥させてしまいます

なるべくアミノ酸系の優しい洗浄力のものを選ぶようにすると良いかなと思います。

自分にあったシャンプーを選んで綺麗な髪を手に入ましょう!