良質な睡眠は美肌をつくる!睡眠に効くツボとヨガで効果でぐっすり眠る。

50代女性 睡眠 成長ホルモン 美肌 健康

50代更年期女性のひとみです。

「美人は寝ている間につくられる」と言いますよね。

あなたは、ぐっすり眠れる?

わたしは、ちょっと睡眠には自信がありませんでした。
寝つきが悪く、夜中に目が覚めてしまうことが度々。

そう、更年期の女性は特に眠りの質が悪くなるそうです。

というわけで、

よく眠れるためのコツ!探して試してみました。

今回、調べたストレッチとツボ押しを実践したら、嘘みたいに寝つきが良くなってスッキリ目覚めるようになったのです。

美容と健康のためにも質の良い睡眠にしたいですよね。
ぜひ、眠れないあなたにも実践してみてほしいと思います。

というわけで、今回は良質な睡眠について調べたことをまとめました。

 

良い眠りのためにしてはいけないこと8つ

50代女性 睡眠 成長ホルモン 美肌 健康 ブルーライト

当たり前なことばかりかもしれないですが、していないか再確認してみてね。
交感神経を高ぶらせてしまうようなことをしないようにするのが大事です。

  • スマホ、パソコンなどのブルーライトに当たらない
  • あつすぎるお風呂。(40度が理想)
  • 激しい運動
  • カフェイン入りのものを飲む
  • 遅い食事(寝る4時間前までに夕食を済ませるのが理想)
  • 体を締め付けるような下着や寝巻きで寝る
  • お休みの日に寝だめ
  • 長い昼寝

どうですか?
心当たりありませんか?

 

良質の眠りのためにしたいこと10こ

50代女性 睡眠 成長ホルモン 美肌 健康

こちらも実践されているという方も多いことでしょう。
再確認のためにチェックしてみてね。

  • ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる(40度くらい)
  • お風呂は寝る1時間前に。(夏は1〜2時間。冬は30分〜1時間前が理想)
  • 寝室の照明は暗めに
  • 寝室にリラックスできるアロマを香らせる。(ラベンダーなど好みのもの)
  • 軽いストレッチをする
  • 骨盤をゆるめる体操をする
  • 朝日を浴びる(体内時計をリセット)
  • 眠りに良いハーブティーを飲む(カモミールやラベンダーなど)
  • 眠れるツボを刺激する
  • リンパマッサージをする
  • 夕方に運動する

などなど、良い眠りのためにしたいことは色々ありますね。

美肌を作る成長ホルモンは睡眠と運動をすることで分泌されます。

これ本当?って思うかもしれませんが、適度なストレスも成長ホルモンの分泌を促すとのこと。

ストレスが強すぎるとよくないですが、緊張感がある生活は大事なんです。

 

理想的な睡眠時間は7時間

睡眠時間は長ければ良いというわけでもないのです。
睡眠時間が短いのと同じくらいよくありません。

睡眠不足や睡眠過多の人は病気になりやすいといいます。

  • 糖尿病
  • 心臓病
  • 高血圧
  • うつ
  • 肥満
  • ガン

これらの病気のリスクが上がります。

お肌の細胞のターンオーバーを正常にするためにも、
健康のためにも良質の睡眠はとても大切。

良質な睡眠を7時間。

 

不眠症を改善するツボ3つ

血行をよくして心身をリラックスするツボ

  • 完骨(カンコツ)
  • 百会(ヒャクエ)
  • 失眠(シツミン)

 

完骨

50代女性 睡眠 成長ホルモン 美肌 健康 ツボ

耳たぶの後ろの骨の出っ張りの下縁から1.5センチ指を上に滑らせたところにあるくぼみの中心が完骨。

完骨を5秒押し、3秒はなすを5〜6回繰り返します

 

百会

50代女性 睡眠 成長ホルモン 美肌 健康 ツボ

頭の正中線と左右の耳の上端をまっすぐ結んだ線が交わる点が百会。

百会のツボに両手の人差し指、中指、薬指を重ねてゆっくりと軽く押したり離したりを1分ほど繰り返します

 

失眠

50代女性 睡眠 成長ホルモン 美肌 健康 ツボ

足裏のかかとの膨らみの中心が失眠。

親指の先などでぐいと10〜15回くらい押したり、こぶしでトントン30回くらい叩いたりして刺激を与えます。

 

眠れるヨガのポーズ3つ

吉祥のポーズ

50代女性 睡眠 成長ホルモン 美肌 健康 ヨガ

不眠症の改善・更年期障害の症状の緩和などの効果があります。

  1. 足の裏を合わせて座ります。(前かがみにならないように)
  2. 足の親指を握ります。(肩や腕に力が入らないように)
  3. 体を左右に30〜50回揺らします。

 

やさしい赤ちゃんのポーズ

50代女性 睡眠 成長ホルモン 美肌 健康 ヨガ

不眠症の改善、リラックス効果、腰痛の緩和などの効果があります。

  1. あお向けに寝て膝をつかみます。
    膝の間は握りこぶし2つ分広げて、足首は交差させます。
  2. 膝を掴んだまま足を胸の方に引き寄せては離すを10回繰り返します。
  3. 膝を掴んだまま足を左右に10回ずつ倒します。
    肩が床から離れないように注意しましょう。

 

首のコロンコロンのポーズ

50代女性 睡眠 成長ホルモン 美肌 健康 ヨガ

不眠症の改善、リラックス効果など。

  1. あおむけに寝て全身の力をぬきます。
    両足は肩幅くらいに開き、腕は手のひらを上に向けて45度ぐらいに。
    軽く目を閉じてリラックス。腹式呼吸をしましょう。
  2. 後頭部を床につけたまま、ゆっくりと左右に10回ほどコロンコロンと首を転がします。(首に力が入らないようにしましょう)

 

良質な睡眠で美肌と健康を手に入れるまとめ

良質な睡眠が健康にも美容にも欠かせないということは知っているけど、
なかなかぐっすり眠れなかったわたし。

旅先でどうしても寝付けなくて困ったことがありました。
時差ボケと緊張で交感神経のまま体がリラックスできなかったのです。

その時になんとなく軽くストレッチをしたらあら不思議、スヤスヤと眠れたのです。

その経験が体の緊張をほぐすことが睡眠にとても良いのだと気づきました。

調べてみてわかったことは、
良い睡眠のためには寝る前に副交感神経に切り替わっていることが大切ということ。

 

ストレッチ以外にも、ツボ押しやヨーガで良い睡眠を手に入れましょう。
美肌のためにも睡眠!

今日からぐっすり眠って、スッキリ目覚めましょう。

毛細血管が若さの秘訣!ゴースト血管を防いで美肌に!しみ、シワ、たるみも改善

毛細血管 若さの秘訣

先日、NHKで毛細血管を増やして若返る!というのをやっていましたよね。

毛細血管のすごさに改めて感動〜、驚きました。

若くても少なくなってしまっている人、年齢に関係なく中年の方でも毛細血管が健康的にある人もいました。

私もそのテレビを観てから、毛細血管のことをもっと知りたくてちょこっと調べることにしました。

アンチエイジングにも関わってくる毛細血管。
毛細血管を増やして、若々しく、美肌でいたいです。

さて、どのようなことが良いことなのか、良くないのかをまとめました。

一緒に綺麗になりましょう〜。

 

毛細血管のこと

毛細血管 若さの秘訣

全身にはりめぐらされている血管の99%が毛細血管です。

毛細血管の働き

  1. 酸素を届け、二酸化炭素を回収する
  2. 栄養素を届け、老廃物を回収する
  3. ホルモンを運び、情報を伝える
  4. 血流をコントロールして体温調節をする
  5. 病原菌などの外敵から身を守る

 

心臓から出た血液は動脈から全身の毛細血管を通して、酸素・栄養素・白血球(免疫細胞)・ホルモンを運びます

そして毛細血管が不要になった老廃物や二酸化炭素を回収し静脈から心臓へ戻ってきます。

血液は心臓から送り出されて全身をくまなく巡り、再び心臓に戻ってくるまでの時間は、20秒〜1分程度ということです。

私が思っていたより、短い時間でした。

 

毛細血管が減少(ゴースト血管)すると?

毛細血管 若さの秘訣

毛細血管が減少(ゴースト血管)すると、体やお肌に不調が現れます。
毛細血管は、40代くらいから徐々に減少。また、加齢により劣化します。

体の不調

  • 胃腸・・・胃もたれ、胃腸炎、胃潰瘍、便秘、下痢
  • 脳・・・・記憶力の低下、認知症
  • 腎臓・・・高血圧
  • リンパ・・むくみ、風邪を引きやすくなる、アレルギー症状

 

お肌の変化

毛細血管が減少、劣化すると酸素や栄養が真皮層に届かなくなる

表皮の細胞の新陳代謝がスムーズに行われなくなる

シミ、シワ、たるみ、などお肌が劣化する

 

「お肌は内臓の鏡」です。

肌年齢が若い人、若く見える人は血管も若いと検査の結果が出ています。

 

美肌のために毛細血管を修復・再生

毛細血管 若さの秘訣 質の良い眠り

「成長ホルモン」をたくさん分泌させる

アンチエイジング・ホルモンと呼ばれる「成長ホルモン」で老化を食い止めましょう

さて、どうしたら良いのでしょう。

この「成長ホルモン」は、ノンレム睡眠しているときに多く分泌されます。

寝入ってから3時間がとても大切です。

この時間に出た「成長ホルモン」が全身の細胞を修復し、新陳代謝を活性化、免疫力を向上させます。

成長ホルモンが毛細血管を通じて全身にくまなく運ぶためには、7時間の睡眠が必要。

7時間睡眠は健康長寿にも繋がります
若さを保つために早寝、早起きを実行しましょう。

 

毛細血管 若さの秘訣 質の良い眠り

「睡眠ホルモン」をたくさん分泌させる

血管のサビをとる「メラトニン」

強い抗酸化作用で体の酸化(サビ)を取り除きます。

メラトニンの分泌を止めるために朝日を浴びましょう。
光の情報が目から入り脳へと伝達し体内時計がリセットされ体が覚醒します。

 

「メラトニン」も「成長ホルモン」と同じアンチエイジング・ホルモンです。

この「メラトニン」が分泌されるのは、朝日を浴びた15〜16時間後です。

朝、6時に起床すると夜21時ごろから分泌が始まります。

23時に眠ると、「睡眠ホルモン」が「成長ホルモン」の分泌を促進し、ダブルの効果でアンチエイジングが期待できます。

というわけで、できるだけ23時ごろに寝るのが美肌を作るためにも、健康のためにもおすすめというわけです。

 

毛細血管が若さの秘訣!まとめ

毛細血管 若さの秘訣

毛細血管を若々しく保ち、減らさないためには、質の良い眠りが大切です。

アンチエイジング・ホルモンをたくさん分泌させるために、朝日を浴びて23時ごろに就寝。6時に起床。というリズムを守ることで美肌を作れます。

生活習慣も大切です。

  • 暴飲暴食はしない。
  • 規則正しい食事。(一日3食。腹7分目が理想)
  • 適度な運動をする。(ウォーキングなど有酸素運動)
  • 色々な色の食品を食べる。(ファイトケミカルを意識して食べる)
  • 低GI食品を選んで食べる。(血糖値を急上昇させない)
  • 入浴は42度のお湯に10分。(免疫力強化するタンパク質が増える)

番組の中でスキップを1日3回、20回すると良いと言ってましたね。
とっても簡単なので、早速毎日スキップしていますよ。

健康な毛細血管のためにできることから始めてみましょうね。

早寝早起き習慣で一緒に美肌になりましょう。

 

早寝早起きが美肌を作る!午後10時に就寝

↑↑↑
こちらも合わせてみてみてね

早寝早起きが美肌を作る!午後10時に就寝

早寝早起き 美肌つくり

お仕事していたり、家庭があるとなかなか自分の思うようにできないですよね。

午後10時にお布団に入るなんて絶対に無理ということもあるでしょう。

そういう私も、午後10時に眠るなんてなかなかできません。

 

でも、大丈夫。大丈夫ですよ。

午後10時から午前2時までの間にノンレム催眠に入れば良いのです。

就寝後約30分〜2時間の間にノンレム催眠が訪れます。

ということは、遅くとも24時に眠りについていればOKということになりますね。

 

成長ホルモンを分泌させて美肌に

美肌

美肌を作るためには、成長ホルモンをたくさん分泌させることが重要なんですね。

お肌は日々、ターンオーバーをして表皮の細胞が常に新しく生まれ変わっています。その肌の再生サイクルは約4週間なんです。

20代の頃には28日でターンオーバーを繰り返しているのでお肌が綺麗というわけ。

40代になると40日以上もターンオーバーに時間がかかるようになり、くすみやシワの原因になるんですって〜。

美肌を保つためには新陳代謝を高める成長ホルモンが必要なんです。

 

その成長ホルモンは夜中の就寝中にもっともたくさん分泌します。

傷ついたお肌を回復させるのが成長ホルモン。

日中紫外線や乾いた空気で乾燥しダメージを受けたお肌を修復させます。

早寝早起きで美肌を作るというのは本当なんですね!

 

ターンオーバーを助ける化粧品

美肌つくり

どうしても年齢を重ねると、ターンオーバーに時間がかかります。

そして忙しい毎日の中ではなかなか思うように睡眠時間も取れないということがあるでしょう。

そういう場合には、ターンオーバーを高める化粧品を使うのも効果的ですね。

ピーリング化粧品などを定期的に使って古い角質を除去しましょう。
ただし、強すぎるものはかえってお肌に良くありません。刺激の少ない優しい成分のものを選んで使いましょう。

お肌の水分不足も良くないので、保湿がしっかりできるセラミド配合のものや、プラセンタエキス、レチノール、ヒアルロン酸などが配合されたものを選んで使うと良いですね。

 

 

早寝早起きが美肌を作るのまとめ

早寝早起き 美肌

早寝早起きはもちろんなんですが、適度な運動やバランスの良い食事にも気を配りましょう。

 

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6は美肌に欠かせません。
しっかりと摂取しましょう。
サプリメントも上手に取り入れると良いですね。

美肌 ビタミン

毎日のお仕事でのストレスなどもお肌にとっては大敵です。
ストレスは自分一人ではどうしようもないですが、溜め込まないことと上手に発散させましょう。

そして今日から早寝早起きしましょう!
そして、ターンオーバーを促す化粧品も上手に取り入れることが美肌の秘訣です。